特集
カテゴリー
タグ
メディア

macOSのSpotlightは、Google検索もできる便利なツールだった

  • カテゴリー:
  • TOOL
macOSのSpotlightは、Google検索もできる便利なツールだった
Image: guteksk7/Shutterstock.com

Google(あるいはBing?)で検索したいことがあるけど、新しいブラウザタブを開くのが面倒だということがあります。

もしあなたがmacOSユーザーなら、今回紹介する便利なキーボードショートカットを試してください。画面右上にある虫眼鏡アイコンのSpotlightが、ブラウザのデフォルト検索エンジンを開き、自動で検索してくれます。

SpotlightからGoogle検索する方法

まず、キーボードの[Command]+[Space]で、Spotlightを開いてください。Macユーザーならふだんから、ファイルやアプリを検索するのに使っているはずです。

今、「what to do if my dog ate weed(うちの犬が雑草を食べてしまったときにすべきこと)」を調べたいとします。ブラウザを起動してGoogleを開いて、検索フレーズをタイプするかわりに、Spotlightにこのフレーズを入力してみてください。

20180810--spotlight02
Image: Lifehacker US

Siriの回答が気に入らないときは、キーボードで[Command]を押しながら[B]キーを押しましょう。Spotlightが、ブラウザのデフォルト検索エンジンを開き、検索フレーズを自動入力して検索してくれます。

私のデフォルト検索エンジンはGoogleです。

20180810--spotlight03
Image: Lifehacker US

Alfredでも同じことができる

もっとも、この技が使えるのはSpotlightだけではありません。公平のために、Spotlightのライバルである『Alfred』でも同じことができることをお伝えしておきます。

Alfredの検索バーを開いて検索フレーズをタイプすると、大きなGマークが出てきます。また、Alfredではキーボードショートカットをカスタマイズできるので、検索クエリをさらに高速かつシンプルに発動することが可能です。

20180810--spotlight04
Image: Lifehacker US

唯一の違いは、Alfredのウィンドウ内に検索結果が表示されないことです(Spotlightでは表示される)。

とはいえ、決定的な違いとは言えませんよね?


Image: guteksk7/Shutterstock.com

Source: Reddit

Mark O'Neill - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next