特集
カテゴリー
タグ
メディア

10周年特集ーPAST ◀▶FUTURE

震災で知った「オンライン」でいられる心強さ。2011年の記事振り返り

震災で知った「オンライン」でいられる心強さ。2011年の記事振り返り
Image: KPG_Payless/Shutterstock.com

ライフハッカー[日本版]も開設から祝10周年!

そこで、これまでの歩みを2008〜2017年にかけて1年ずつ振り返っていくのが本企画です。

忘れられない年。忘れてはいけない年。2011年3月11日、マグニチュード9.0の大地震が東北地方沿岸部を襲いました。

この「東日本大震災」による死者は15,896名。2,537名が行方不明のまま(※1)。そして59,573名が今も仮設住宅などでの避難生活を強いられています(※2)。

※1:2018年8月10日更新、2018年6月8日現在 ※2:2018年7月12日現在

未曾有の大災害であったにかかわらず、被災者の方々の秩序ある行動に対し、海外からは驚きと賞讃の声が上がりました。

さまざまな支援活動とともに行われたの「心のケア」。ライフハッカー[日本版]でもいち早く心のケアの 大切さを紹介しました。

被災者も、免れた人も、今だからこそして欲しいメンタルケア

タイガーマスク相次ぐ

aid
Image: Crystal Eye Studio/Shutterstock.com

みんながそれぞれにできることを探していたはず。

前年のクリスマス、児童養護施設に匿名でランドセルが贈られたことを皮切りに、2011には匿名で寄付を行う「タイガーマスク運動」が全国で相次ぎ、被災地にも現金が贈られたことも。

また、うれしくポジティブなニュースもたくさん。

小笠原諸島のユネスコ世界自然遺産登録、なでしこジャパン優勝(FIFA女子W杯ドイツ大会)、最速列車「はやぶさ」運行開始、任天堂初の3D携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」発売。

テレビは地上デジタル放送へ完全移行。あの「砂嵐」が懐かしい…。

そんな2011年によく読まれた記事はこちら。

2011年、ライフハッカーで読まれた記事BEST10

shutterstock_696944128
Image: optimarc/Shutterstock.com

2011年ほどライフラインのありがたみを感じた年はなかったはず。

携帯電話のキャリアメールの送信や電話が通じないなか、Twitterが安否の確認や被害情報に発信に一役買いました。今では広く普及しているLINEも、この震災がきっかけとなって誕生しました。

情報を得られて人ともつながれるスマートフォンへの関心と需要は加熱し、ライフハッカー[日本版]でもスペックや実力を比較した記事にも人気が集まりました(総務省の調べでは、2011年には14.6%だったスマートフォン保有率は2016年には56.8%と5倍に)。

自分にとって大切なことは何かを、誰もが問われた2011年。私たち編集部も、「ライフハックを発信するメディアとは」について考えさせられた年となりました。

北京五輪でリーマンショックで派遣切りでもモテたかった。BACK TO 2008

さよなら「キング・オブ・ポップ」と政権交代。BACK TO 2009

「2000年問題」から10年、 ライフハッカー[日本版]はテック濃度高めに。BACK TO 2010

Image: Shutterstock.com(1, 2, 3

Source: 平成23年版 情報通信白書, 総務省

大森りえ

swiper-button-prev
swiper-button-next