lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

雨の日の通勤や遊びに活躍間違いなし! 足元を守る防水シューズまとめ

  • カテゴリー:
  • TOOL
雨の日の通勤や遊びに活躍間違いなし! 足元を守る防水シューズまとめ
Image: Amazon.co.jp

今年は世界的に猛暑のようですが、突然の豪雨に見舞われることが多い気がしています。ハーフパンツにサンダルなら、まあ許せるのですが、スーツやフォーマルな服装となると話は別。足元はできるだけ死守したいものです。

そこで革靴の代わりに使ってみたいのが、防水のブーツやシューズ。見た目はとても普段使いに便利なカジュアルなタイプからフォーマルでスーツに合うものまで。どれも雨にぬれてしまっても大丈夫なんですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページご確認ください。

DECT(デクト) 防水 ワークブーツ

Image: Amazon.co.jp

ポリエステルを使ったワークシューズ。カジュアルなため、仕事でもプライベートでも使いやすそう。はたから見ても、これが防水だとはなかなか思いませんよね。

Image: Amazon.co.jp

防水機能は、靴の底から4cmまで。浅い水たまりなら、靴の中がびしょびしょになることもないでしょう。色は黒とブラウンの2色から。

サイドゴアレインブーツ

Image: Amazon.co.jp

こちらは、つなぎ目のないレインシューズ。水たまりの中に入ったとしても、靴の中が濡れることはありません。また、レインシューズなのに、ビジネスでも使えるスッキリとしたデザイン。これならシーンを選ばず使えそう。

Image: Amazon.co.jp

色はブラックとブラウンの2色。どちらのデザインも革靴の延長線上に近く、仕事で使いやすそうです。

レースアップビジネスシューズ

Image: Amazon.co.jp

最後にご紹介するのは、気軽な一足。どっからどう見ても、革製ビジネスシューズなこちらは、メイン素材にポリエステルを使用していて、アウトソールとアッパーの間に隙間もなく、水が染み込んでにくい構造を採用しています。

防水を打ち出しているシューズではありませんので、大雨に耐えうるかは難しいところではありますが、通常の革靴よりは水をしのいでくれるでしょう。

Image: Amazon.co.jp

小雨の心配な日の一足として持っておくと重宝しそうですよ。

Image: Amazon(1, 2, 3

Source: Amazon(1, 2, 3

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next