連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

二日酔いリスクを軽減する、飲酒前と後に摂るべき食材10

MYLOHAS

二日酔いリスクを軽減する、飲酒前と後に摂るべき食材10
Image : MYLOHAS

家族の集まりや会社の集まり、どこでお酒を飲むにせよ、飲みすぎて後悔する前に二日酔いを防ぐ方法を知っておくのは大切です。

2、3杯楽しむくらいなら、翌日ソファーでだらだらしたり、トイレで便器を抱えて過ごしたりするような事態にはならないので心配いりません。

さらに、飲むお酒の種類や飲酒の前後、最中に食べるものによって、二日酔いのリスクをかなり軽減できることも研究でわかってきています。

二日酔いに適した食べ物を試せば、気分もすっきり

二日酔いで吐き気がして気持ちが悪いとき、薬に手をのばすかわりに、二日酔いに適した食べ物や飲み物を試してみれば、気分もすっきりして早く調子がよくなるかも。また、以下で紹介する二日酔いのときの食品を買いだめする場合は、オーガニックのものを選ぶように!

飲み会ですでに肝臓を酷使しているのに、そのうえ、農薬を分解するなどの余計な負担を与えるべきではありません。

不純物の少ない飲み物

に
Image : MYLOHAS

ひどい二日酔いを防ぐには、翌日はもちろん飲んでいる最中も「不純物の含まれていない飲み物」を選ぶのが大切(これにはカクテルも含まれます)。蒸留酒は、発酵の副産物で二日酔いの原因となる不純物が少ないので、飲むならラム、ウォッカ、ジンを選ぶとよいでしょう。

避けたほうがよいのは、ブランデー、シャンパン、バーボン、コニャック、ウイスキー、赤ワイン、テキーラなど、不純物の多いお酒です。

アルコールは、腎臓での水の再吸収を促進するホルモン「バソプレシン」の分泌を阻害するため、お酒を飲むと脱水を起こしやすくなります。アメリカ国立アルコール乱用・依存症研究所で上級科学顧問を務めるアーロン・ホワイト博士は、水分を補給し、すでにお腹の中にあるアルコールを薄めるためにも、飲酒の合間に水を飲むことを推奨しています。

また翌朝、二日酔いのときには、澄んだオーガニックスープで飲酒によって失われた塩分とカリウムを補給するとよいでしょう。

アスパラガス

ぬ
Image : MYLOHAS

この研究結果によれば、翌日の二日酔いを軽減するには、飲みに行く前、または飲んでいる最中にアスパラガスを食べるのがよさそうです。研究チームは、アスパラガスの葉や芽の抽出物が、アルコールを代謝する重要な酵素レベルを増強することを発見しました(バーはメニューにアスパラガスを加えるべきですね!)。

研究者のひとりは、飲んだ翌日にアスパラガスを食べるのは二日酔いをやわらげるのによいだろうとも述べています。

アスパラガスを食べるかどうかはさておき、ホワイト博士は、お酒を飲む前には必ず何か食べるようにと注意を喚起しています。食べることでアルコールが胃に留まり、体内への吸収が遅くなるからです。

「空腹だと1杯飲んだだけでも血中アルコール濃度が急激に上昇しますが、飲んでいる最中に胃の中に食べ物があれば、アルコールは少しずつゆっくりと血中に入っていきます」と博士は解説しています。「したがって脳への影響もより小さくなり、アルコールの代謝副産物の増加も抑えられ、おそらくは二日酔いもより耐えうるものになるのです」

ウチワサボテン

ね
Image : MYLOHAS

ウチワサボテンの実には、飲酒によるダメージを補うのに役立つとされる抗炎症成分が大量に含まれています。チューレーン大学の研究チームは、飲酒の5時間前にウチワサボテンのエキスを摂取すると、摂取しなかった者にくらべて二日酔いの症状が50%低減されることを発見しました。

二日酔いの予防に、ウチワサボテンをフルーツとして食べるか、エキスのカプセルを飲む、ウチワサボテンのお茶を飲むとよいでしょう。

ココナッツウォーター

の
Image : MYLOHAS

二日酔いで目がさめたとき、スポーツドリンクに手をのばす習慣が身についている人も多いのでは? 電解質の豊富な飲料は体内のバランスを整えるのに役立ちますが、脳に有害の人工着色料などの成分が含まれているものも少なくありません。

ココナッツウォーターは、電解質をアップする天然飲料です(メープルウォーターもためしてみてもよいでしょう)。

ゆでた枝豆にさやごと絡めるだけ! ビールがすすむ簡単アレンジ3種

オーガニックの卵

は
Image : MYLOHAS

『The Big Doctors Book of Home Remedies』によると、卵のタンパク質は血糖値の安定を助け、さらにタンパク質のシスチンが毒素を分解するのに役立つとのこと。

有機の餌を食べて放し飼いで育てられたニワトリが生んだ、オーガニック卵を選んでください。オーガニックの卵は、飲酒によって排出されたビタミンBを手っ取り早く補給するのによいでしょう。

バナナ

ひ
Image : MYLOHAS

お酒を飲んだ次の日は、肉体的にも弱くなった感じがしませんか? それは思い過ごしではないかも。筋肉は本当に飲みすぎの代償を払っています。

飲んだ翌日ちょっとふらつくようなら、カリウムの補充や筋肉の機能向上に、バナナを食べましょう。

クラッカー&ハチミツ

ふ
Image : MYLOHAS

飲んだ翌日、ハチミツをそのまま飲むのは抵抗があるなら、クラッカーにのせて。本物のハチミツには抗酸化物質や高濃度の果糖がたくさん含まれており、体内に残ったアルコールを早く排出するのを助けます。

キヌア

へ
Image : MYLOHAS

アメリカでも人気上昇中の南アメリカ産の穀物キヌアは、二日酔いの際にかなり便利な食べ物です。飲酒は体内のアミノ酸(タンパク質の構成単位)を使い果たしてしまいますが、キヌアにはアミノ酸がバランスよく含まれているので、ダメージの修復に

トースト

ほ
Image : MYLOHAS

どこかほっとする食べ物がトースト。風邪や二日酔いでトイレにこもりがちになったときなど、トーストは体調を回復するときの手軽な食べ物。前の晩に飲みすぎたとき、トーストを食べるのは肝臓にもよいでしょう。通常、血糖値が下がると、肝臓は蓄えておいた糖質からグルコースを産生します。

しかしお酒を飲むと、肝臓はアルコールを代謝するのに忙しく、血糖値を常に調節することができなくなるので、気分も悪くなり、エネルギーも奪われてしまうのです。

トーストは胃腸にもやさしく、吐き気がする二日酔いの朝にぴったりの食事です。

トマトジュース

ま
Image : MYLOHAS

オーガニックのトマトジュースは、アルコールで疲弊した身体にビタミンやミネラルを補給しますが、それだけではありません。水分補給にもなり、ハチミツ同様、ジュースに含まれる果糖が残ったアルコールを体外に排出する手助けをするでしょう。

Leah Zerbe/The 10 Best Foods To Help Cure Your Holiday Hangover

マイロハスより転載(2018.04.29公開記事)

30日間のスーパーフード Vol.2ブルーベリーで血糖値をよりよく


1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

訳 : Maya A. Kishida

swiper-button-prev
swiper-button-next