lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

おしりは強く拭いちゃダメ!

おしりは強く拭いちゃダメ!
Image: SThanaphat/Shutterstock.com

おはようございます。今日は私のおしりの話です。

何年も前のことですが、肛門の執拗な痒みに悩まされたことがあります。どうしてなのかわかりませんでした。汚れが残っているのかと思い、トイレではいつも、ゴシゴシ強く拭くようにしていました。

けれどもとうとう医者に行ったところ、「強く拭いてはいけません、おしりを休ませてあげなさい」と言われました。その通りにすると、痒みが治まりました。

お尻の拭きすぎは要注意

私がこんな恥ずかしい話をするのには、理由があります。オンラインメディアMental Flossによると、私と同じようにおしりを強く拭きすぎている人は多いらしいのです。

皮膚科医のCurtis Asbury氏は、おしりの拭きすぎによって起こる「肛囲皮膚炎」が増えている、とMental Flossに語っています。米国直腸結腸外科学会議(ASCRS)によると、肛囲皮膚炎はアメリカ人の最大5%が患っており、特に男性と中高年者に多いそうです。

おしりを強く拭きすぎていないか?

原因の1つに、乾いたトイレットペーパーでおしりを強く拭きすぎることがあげられます。

ほかにも、十分におしりを拭いていないことも原因になります。

それを踏まえて、かかりつけ医に診てもらいましょう。よくあるのが「トイレットペーパーでおしりをゴシゴシこすって、痒みを悪化させてしまうケースだ」とASCRSは分析しています。

解決策は簡単

肛門が痒くて仕方ない場合は、強く拭かなければ良いのです。

いつも使っているものより柔らかいトイレットペーパーに変えれば、優しく拭けるのではないでしょうか。

それでも治らないときは、トイレットペーパーを使うのをやめて、洗浄ツールを使いましょう。

水で洗うのもいい

シャワーを浴びる前に排便する場合は、紙で拭くのは省略して、水で洗い流しましょう。

ASCRSは、強くこすったり、石けんで洗ったりするのは良くないと言っています。

肛門をゴシゴシ洗ったり、殺菌したりする必要はないことを知っておいてください。普通の水で洗い流せば十分なのです。

炎症した場合の対処法

炎症を和らげるには、痔の薬を塗るか、パッドを当てるかします。

Asbury先生は、水に強い「Viva」のようなペーパータオルを使う方法を勧めています。でも、トイレには流せないので、ごみ箱に捨てることになりますから、あまり気持ちの良いものではありません。

洗濯できる布を使うことも理論上は可能ですが、これはまったくお勧めしません。

自分にとって、いちばんいい方法を探してみてください。


Image: SThanaphat/Shutterstock.com

Source: Mental Floss, ASCRS,

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:浅野美抄子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next