特集
カテゴリー
タグ
メディア

伝統技法やものづくりの精神が凝縮された「日本のジュエリー」が目指すものとは?

MugendaiMugendai

伝統技法やものづくりの精神が凝縮された「日本のジュエリー」が目指すものとは?
Image: Mugendai(無限大)

ジュエリーと聞くと、西洋のものというイメージがあります。しかし、日本のジュエリーの歴史を紐解いてみると、江戸時代以前から受け継がれてきた装剣金工師飾り職人の仕事と、西洋の技術が融合してできあがったものなのです。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、日本のアイデンティティをジュエリーに乗せて世界に発信している、シンコーストゥディオ株式会社代表でありジュエリー・アーティスト・ジャパン代表である米井亜紀子さんに、インタビューを行っています。

ジュエリーの持つ意味を伝えていきたい

大学卒業後はコンピューター関連の会社で営業をしていたという米井さん。しかし、結婚・出産を経て、実家の時計・宝石店を手伝うようになります。そこで、日本のジュエリーは西洋の借り物ではなく、日本のものづくり技法、伝統技法に基づいていることに気づきました。

打ち出し和彫り七宝など、日本古来の技術をジュエリーに盛り込んでいくことで、日本独自のジュエリーが確立され、日本人でもジュエリーを身につける意味がある。そして、ジュエリーを身につける意味自体を伝えていきたいと、米井さんは考えています。

米井さんが目指しているのは、「日々の生活をひたむきに生きている人に向けた」ジュエリー。これは、単純に安価なジュエリーというものではありません。

「打ちひしがれるようなことがあったときや、困ったことが起きたときにこそ、ジュエリーは傍らに寄り添ってくれるもの」ととらえ、さまざまなご提案をしています。常に最も身近に寄り添うもの、それがジュエリーの本来の役割ではないかというふうに考えているのです。

今、求められているジュエリーはどんなものか。そこから職人、ジュエリーアーティスト、エングレーバー(彫金師)とともに作り上げていく。それが米井さんが目指す日本のジュエリーなのです。

180729mugendai-yonei-03
Tsutsum [包] 「丁寧に日常を生きる」というキーフレーズを持つシリーズ
Image: Mugendai(無限大)

コミュニティ運営はビジネスの重要な要素

米井さんは、若手ジュエリー・クリエイターのためのコミュニティ、「ジュエリー・アーティスト・ジャパン」の代表としても活動しています。これは、「自分のアイデンティティを見つめ直し、社会に必要とされるものづくりをしよう」というコンセプトのもと、若手の勉強になるようなイベントを開催する団体です。

180729mugendai-yonei-05
Image: Mugendai(無限大)

最近では、ジュエリーアーティストと実際にジュエリーを身につける人々を結びつける「クリエイターズセッションナイト」というイベントを開催したり、2017年に開催された三越伊勢丹グループのキャンペーン「JAPAN SENSES」に合わせ、伊勢丹新宿店で「JEWELRY & LIFE」というプロジェクトに企画段階から参画したりするなど、さまざまな活動を行っています。

ジュエリー・アーティスト・ジャパンはボランティアで活動を続けていて偉いね、とよく言われます。でも、私としてはけっこう下心を持って活動しているんですよ(笑)。現時点では、まだビジネスになっていませんが、これからはコミュニティや、人と人がつながっていることが、ビジネス上も重要な要素になるだろうと信じているのです。

180729mugendai-yonei-04
Surface [面と線] シリーズのキーワードは「多面性」「多様性」で、見る角度により見え方の違いや発見がある。
Image: Mugendai(無限大)

ジュエリーは、富の消費や象徴として語られることが多いものですが、もっと生活に根ざし、我々の心のよりどころになり得るもの。そんな「日本のジュエリー」の確立を目指す米井さんの想いは、Mugendai(無限大)のインタビューでお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

三浦一紀

swiper-button-prev
swiper-button-next