特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

ネックピローにも枕にも、状況に応じてトランスフォーム。職場の仮眠や出張、夏休みの長旅でも活躍【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
ネックピローにも枕にも、状況に応じてトランスフォーム。職場の仮眠や出張、夏休みの長旅でも活躍【今日のライフハックツール】
Photo:abcxyz

旅行の移動中に座ったまま寝るにも、机に突っ伏してのお昼寝にも、ホテルでの睡眠にも、トランスフォームしてさまざまな状況に適応できちゃう『OMNI-PILLOW』。

Video: リベルタジャパン合同会社 / YouTube

パック状態ではトップ画像のような状態に。公称「マンゴーほどの大きさ」とのこと。直径12センチメートルほどで、片手で持てるちょっといびつなボールのような感じです。

形態1:ネックピロー

180624omnipillow2
ネックピロー
Photo: abcxyz

中身を裏返す感じで開くと「ネックピロー」になります。首を柔らかなピローで覆い、首の前でストラップで留める仕組みで、ストラップの長さは調節可能。

また、ピローの左側にはスマートフォンや財布を入れるためのポケットがついています。うたた寝中に盗難に遭うと怖い品々ですが、顔に近い位置にしまうことで、リスクヘッジになりそうですね。それに、チケットなど細々としたモノを入れておくにも便利です。

さらに、ネックピローの左右にはブランケットを留めるためのゴムバンドもついています。なお、KickstarterやMakuakeのプロジェクトページで紹介されているヘッドホンポートは製品版ではオミットされています。

形態2:ピロートッパー

180624omnipillow3
ピロートッパー
Photo: abcxyz

ネックピローになっているときは、長方形の本体の短辺が半分に折られ、長辺の両端がポケットに入って固定された状態。ポケットから長辺の端を出してやると「ほわん」と低反発形状記憶フォームが元の形に戻っていき、「ピロートッパー」状態に。

ピロートッパーのときは、枕の上にかぶせるようにして使うことで、公称「10倍心地よい眠り」になるとのこと。枕の上にピロートッパーをのせてもずれないように、トッパーの2つの角をゴムバンドで枕に固定することができます。また、先のネックピロー状態では完全に内側になっていた部分に頭を置くことになるので、いつも清潔な面で寝ることができます。

実際の使用感として、「10倍」心地良いかはなんとも言えないところですが、ピロートッパーを用いることで、より枕に頭が沈む感じがふんわりとします。私も普段愛用する枕の上に取り付けてみましたが、頭を枕に乗せるときに「緩やかな沈み心地」が加わりました。宿泊先の枕が硬くて合わないときに取り付けると、寝心地が改善されることでしょう。

形態3:ダブルピロー

180624omnipillow4
ダブルピロー
Photo: abcxyz

ピロートッパーの長辺を半分に折りたたみ、角のゴムバンドで固定すれば、今度は「ダブルピロー」に。そのまま枕にして寝るも良し。または動画のように折り目の中に腕を通せば、デスクで寝るのにちょうど良い高さに。腕に頭を直接置いて寝ると手がしびれますが、こうしてダブルピローに腕を挟んで寝ると腕に掛かる圧力も分散されて心地よいです。

また、面積が狭くはありますが、イスが硬い場合は座面に敷けば、座布団としても使えます。ちなみに半分の厚さにはなるものの、ピロートッパーで同様の使い方ももちろん可能です。

カバーは肌にやさしい生地で、洗濯もできる

180624omnipillow5
カバーは取り外して洗濯可能
Photo: abcxyz

外側に使われている素材は、3歳までの乳幼児の下着にも適するとされる「OEKO-TEX STANDARD 100 製品分類 I」、 摩擦抵抗や抗ピリング性(毛玉ができづらい)に関するISO 12945-2を取得。中のフォームも「OEKO-TEX STANDARD 100 製品分類 I」に適合するほか、圧縮残留性能に関するUNI6351 /1(UNIはイタリア版JISのような標準規格)やISO1856、耐久性に関するUNI6356を取得しています。なので肌にも安心ですし、外側のカバーは洗濯もできるのも嬉しいところ。

注意するポイント

なお、パックした状態だと耐水性のある面が外側に来るので、ちょっとくらい水に濡れても中は濡れず、汚れないという利点もあります。

ただ、バックパックなどからぶら下げるには良い形状かもしれませんが、丸いとかえってかさばることもありますよね。持ち運ぶ際に多少カバーが汚れても気にならないなら、ピロートッパー状態にして、バックパックやスーツケースの中に入れると持ち運びやすいかもしれません。

移動中はネックピローとして、デスクでの睡眠にダブルピローとして、そして寝心地の悪い枕を改善するためのピロートッパーとして。3つの機能が一つになり、オンにもオフにも活躍しそうな「OMNI-PILLOW」は、現在MakuakeAmazonで購入可能です。

あわせて読みたい

5分でOK。どこでも100種類のトレーニングができる手のひらサイズのガジェット【今日のライフハックツール】

「無重力にいるみたい」に背骨に負荷がかからず、半永久的にへたれないクッション【今日のライフハックツール】


Photo: abcxyz

Source: リベルタジャパン, Kickstarter, BANALE, リベルタジャパン合同会社 / YouTube, Makuake

Reference: Amazon.co.jp

abcxyz

swiper-button-prev
swiper-button-next