lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

梱包された中身を傷つけずに開封、コピー用紙を1枚切り。繊細な切れ味のセラミックカッター【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
梱包された中身を傷つけずに開封、コピー用紙を1枚切り。繊細な切れ味のセラミックカッター【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

買い物というと、Amazonなどの通販を使うのが当たり前という方も多いことでしょう。届いた荷物をいざ開封するときはワクワクしますよね。

でもその際、カッターを使うと刃先の長さによっては、中のものを傷つける恐れがあります。

ダンボールカッター』は、中身を傷つけることなくダンボール箱を開封できる小型のカッターです。

セラミック刃で耐久性が強くスパッと切れる

180717_cartoncutter_02
Photo: 藤加祐子

ダンボールカッター』の刃は、京セラ製のセラミックを使用。耐久性に優れ、軽い力で切れるのが特徴です。

刃先は7mmほどで、中の荷物までは到達しにくい小ささです。また、ガムテープの粘着物が付着しにくいのも、セラミック刃の良さといえます。

また、オフィスでも活躍。カッターの本体カバーは180度に開き、底面を紙に水平に当てると、コピー用紙を1枚だけカットすることも可能です。

コンパクトでくっつけられて場所をとらない

180717_cartoncutter_03
Photo: 藤加祐子

本体は直径5cm、開いた時でも最大約9cmと非常にコンパクト。手のひらにすっぽり収まるサイズです。

『ダンボールカッター』の背面にはマグネットが内蔵されているので、冷蔵庫やデスクの脇などにくっつけておくと便利です。

それにストラップをつける穴もありますが、カバーを全開にしてもふさがることはなく、ストラップが挟まる心配はありません。

使用するときのポイント

180717_cartoncutter_04
Photo: 藤加祐子

注意点としては、分厚いものは切らないこと。試しに、ダンボールそのものを切ってみましたが、かなり力が必要でした。

無理に切ろうとすると、セラミック刃が欠ける恐れがあるので、あくまでもガムテープで閉じられている部分を切るという、開封用として使ったほうが良いでしょう。なお、刃の交換はできませんので、ご注意ください。

とはいえ、「さすが京セラのセラミック」といえるほど、紙一枚の切れ味は抜群。小回りの利く小ささで、曲線のカットもスムーズ。

雑誌の切り抜きやカード作りなど、趣味にも活用できるカッターです。

自分で修理可能な選択肢を広げてくれる、固まるとゴムになる粘土【今日のライフハックツール】


ツルツルのプラ板や電気コード、クタクタのタオルもジャキリと切れる「工具」なハサミ【今日のライフハックツール】


Photo: 藤加祐子

Source: 株式会社デザインフィル

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next