特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOSでも利用可能! Googleレンズの新機能を、Googleフォトで使う方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iOSでも利用可能! Googleレンズの新機能を、Googleフォトで使う方法
Image: aradaphotography/Shutterstock.com

かつてはPixelでしか使えなかったGoogleレンズが、Googleフォトの一部として搭載されました(ただし日本語環境ではまだ使えませんので、英語に切り替える必要があります)。

今年の「Google I/O」で、iOSとAndroidの両方で使える、Googleレンズの新機能が多数発表されています。

おそらくあなたのスマートフォンでも、カメラアプリからGoogleレンズを使えるはずです(そうでないときは、単体のGoogleレンズアプリを使いましょう)。

GoogleフォトでGoogleレンズを試すには

Googleフォトで写真を開いて、虫眼鏡が四角で囲まれた形のGoogleレンズのアイコンをタップしてください。すると、Googleが写真を解析して、認識した情報をカードに表示してくれます。

Googleレンズを使えば、面白いことがいろいろとできる

名刺を撮影して、その人物を新しい連絡先として登録することが可能。写真に写っているランドマークが何であるかとか、誰かが来ている素敵なシャツがどこで購入できるかを教えてくれたりもします。Googleレンズでできることはこれだけではありません。

写真からテキストを抽出する

私はこの機能が大好きです。写真を撮るだけで、そこに写っている文字をコピー&ペーストして使うことができます。

たとえば、紙のギフトカードに長い番号が書いてあって、オンラインショッピングでその番号を入力しなければならないというケース。番号の部分を写真に撮れば、写真から番号をテキストとしてコピーできるようになります。あとは、オンラインショップに行ってコピーしたテキストを貼り付ければ、番号を入力する手間を省くことができます。

やり方は、写真を開くと、認識された文字がハイライトされるているので、そこを長押してください。コピーボタンがポップアップするので、そのままコピーして好きな場所に貼り付ければOKです。

アンカーポイントで被写体を解析する

アンカーポイント機能は、カメラを向けている被写体をGoogleがリアルタイムで解析してくれるというもの。カメラを被写体に向け、Googleがそれが何かを認識すると、そこにドット(アンカーポイント)が表示されます。ドットをタップすると、その物体に関する情報が書かれたカードが表示されます。

スタイルマッチで類似した服を探す

Gucciの洋服が欲しいけど、予算的に厳しいいうことがありますよね。

Googleレンズのスタイルマッチ機能は、カメラで撮影した服と類似するデザインの服を教えてくれるというもの。便利なことに、その服をどこで購入できるかも教えてくれます。この機能は、服だけでなく、家具などほかのアイテムにも使えます。

類似のアイテムを教えてもらうには、関心のあるアイテムを撮影して、その上の表示されるドットをタップするだけでOK。Googleレンズが対象物を認識したら、情報カードが表示され、類似のアイテムをどこで購入できるかを教えてくれます。

Image: aradaphotography/Shutterstock.com

Nicole Dieker - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next