特集
カテゴリー
タグ
メディア

旅行の満足度をあげたいなら、旅先での食事プランを事前に立てるべし

旅行の満足度をあげたいなら、旅先での食事プランを事前に立てるべし
Image: Jason Briscoe / Unsplash

私は、いつも旅行の前に細かく計画を立てることが大好きです。なにしろ、毎回旅先に持っていく物のスプレッドシートを作るぐらい。そのスプレッドシートには、旅先で予想される天候や活動を考えて選んだ衣類や、頭痛薬、バンドエイド、Fitbitの充電器などの必需品を記入しています。

最近、私は4つの州を13日間かけて旅しましたが、そのときは、このスプレッドシートに数行足して、旅先での朝昼晩の食事の計画を入れる欄にしました。

どの日のどの食事は、どこで何を食べるか事前に決めて記入しました。今日は、そのやり方をご紹介します。読者が次の旅行の計画を立てるとき、参考になれば幸いです。

旅行中の食事プランの立て方

旅行中の食事のプランを立てるときは、次の項目を考慮しましょう。

  • その食事のとき、どこにいる予定か
  • その食事に、どのぐらい時間をかけられるか
  • 次の食事は何時間後になりそうか
  • その食事の予算はいくらにするか
  • 「特別な食事」にするかどうか

では、1項目ずつ細かく見ていきましょう。

その食事のとき、どこにいる予定か:

その食事の時間には、ホテルにいる予定でしょうか。それともハイウェイや空港でしょうか。

どこにいるかで選択肢が決まります。せっかくなので、地の利を活用するか、前もって別のことを計画しておくかですね。

たとえば、ホテルにチェックインする前にスーパーに寄って食べ物を買うか、ホテルに着いてからルームサービスを頼むかというようなことです。

その食事に、どのぐらい時間をかけられるか:

そのランチはゆったりできそうでしょうか。それとも、30分後にバスに乗らなければならないのでしょうか。

会議が続けてスケジュールされているのでしょうか。あるいは、「夕方5時までに行くからね」とおじいちゃんとおばあちゃんに約束したのでしょうか。

食事にどのぐらいの時間がかけられるかわかっていると、どういうタイプの食事ならスケジュールに合うか考えやすくなります。

次の食事は何時間後になりそうか:

これは重要です。この後、5時間飛行機に乗るというときと、親戚の家を訪ねていくので、着いた早々おいしい手作りクッキーをふるまってもらえそうだというのでは、選ぶ食事が違ってきます。

次の食事はいつ食べられそうで、その食事はどういう食事になるかわかっていると、食べる量を適宜調整できます。

その食事の予算はいくらにするか:

ウェブでレストランをチェックして、予算内の店を選びましょう。

「特別な食事」にするかどうか:

旅先では、新しいレストランを試したり、普段より高い食事を食べたりすることが多くなります。でも予算を守りたいなら、「特別な食事」を2、3回設定して、残りは「安い」食事か「普通」の食事にしましょう。

旅の道中に特別な食事がプランされていると、楽しみが増えます。

私はYelp、Google Maps、レストランのウェブサイトを駆使して旅先で行くレストランを選び、スプレッドシートに、その日ごとに食事をする場所を記入しました。

たとえば、「朝食:ホテルで無料、昼食:ボルトバス停近くのワールド・フーズ、夕食:ハースストーン」という感じです。スプレッドシートに全部入れるのが面倒なら、食事のプランはカレンダーやお気に入りのアプリに入れてもいいでしょう。

結論から言うと、飛行機の機内食は「おかわり」できます


事前に食事プランを立てておくことの利点

事前に食事のプランを立てておくと、旅はかなり違ってきます。「どこに食事しに行こう。食事にありつくにはどのぐらい移動しなければならないんだろう」と日に何度も自問自答する必要がなくなります。

「今日は、ホテルでコンチネンタル・ブレックファーストを食べるとき、バナナやベーグルやヨーグルトをちょっと余分に取って客室に持ち込んで、それをランチにする」とか「夕食は友人と落ち合って一緒に食べる」など、計画性がある1日をスタートできます

手荷物に入れて持参した代用食パウダーを前の晩に水で溶いて客室の冷蔵庫に入れておけば、翌朝の朝食時にはいい感じに冷えていておいしく飲める、というプランにしてもいいですし、ちょっと贅沢して、均一価格から選べるコース料理をプランニングしてもいいですね。

旅先では次のようなことがよくあります。

  • 空港に着いて、とりあえず6ドルでフムスを1カップ買って空腹をしのぐ。
  • ホテルに到着してから、ルームサービスを頼むかデリバリーしてくれるレストランを探してみるか迷う。
  • ランチは、お腹がすき過ぎてしまい、馴染みがあるというだけの理由でファストフード店に行く。

事前に食事のプランをたてておくと、こうしたことは全部防げます。私は出発前に、旅先でどのような食事の選択肢があるか値段や移動距離はどのくらいかも調べつくしました(Yelpで料理の写真を見て、出てくる料理の分量や脂っこさまで調べました)。

家族旅行やグループ旅行のときは特に便利

家族やグループで旅をするときは、出発前に旅先でどのような食事の選択肢があるか調べて、事前にどうするか決めておくと、「食事はどこ行く?」「わからない。どこ行く?」といった不毛なやり取りをしなくて済みます。栄養やアレルギーに関する情報も、ハイウェイで渋滞にはまる前に調べておけます。

事前にプランニングすると、旅行中どの人もどこかの時点で好きな料理が食べられるようにできます。

レストランやカフェにみんなで入ったときには、空腹過ぎて手っ取り早く適当に注文してしまう、ということもなくなるでしょう。それに、食事のことでみんなから不満が出る可能性も低くなります

もちろん、プランニングしたからといって、それを死守する必要はありません。食事のプランは、他に何も発生しないときの押さえみたいなものです。

もしかしたら、車で移動中に、偶然おもしろそうなレストランを見かけて、ちょっとここで食べてみようかなと思うかもしれません。

行こうと思っていたレストランが混雑し過ぎていたり、騒がしすぎたりすることもあれば、まずい店だと判明することもあります。

店の営業時間を確認し忘れて、プランニングしていた日に閉店しているということだってあるかもしれません。

そういう場合にプランから外れることは、無計画なままお腹がすいて最初に目についたレストランで妥協することとは全然違います


「自分も出発前に食事プランを立てたことがある」という読者は、うまくいったこと、いかなかったことをぜひシェアしてください。

毎食の食費を見積もって、旅行の予算に組み込みますか? スーツケースに保存食を入れますか。スーパーやコンビニで新鮮な果物やその他の必需品を買うこともプランに入れますか? オンラインでレストランを探すとき、どのように店を選びますか。どのようにして旅先でも普段から実践している栄養目標を達成しますか?

私は計画を立てることが大好きなので、自分以外の人が旅行中どのように食事をしているか、とても興味があります。

安全で節度ある旅を楽しむために事前にリサーチしておくべきこと


Nicole Dieker - Lifehacker US[原文

Image: Jason Briscoe / Unsplash

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next