lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

初めて子どもに花火を見させるときの注意点5つ

初めて子どもに花火を見させるときの注意点5つ
Image: milezaway/Shutterstock.com

夏がやってきました。

夏休みの思い出にバーベキューやプールに行ったり、ホタルを見たりするように、当然子どもたちと花火大会を楽しむ人も多いでしょう。

しかし、年に一度の花火大会が恐怖とまではいかなくても、楽しみではない子どももたくさんいます。初めての花火を楽しい体験にするには、事前の準備も必要です。

今回は、子どもが花火を怖がらないようにするための、いくつかの予防策をお教えしましょう。

1. 前もって花火の話をする

花火大会に行く前に、これからどういうところに行き、そこに行ったらどういうものを見て、どのように楽しむのかを説明しましょう。

未知のものに対する恐怖というのは強力です。これまで見たことがなければ「花火」という言葉さえも怖く聞こえることがあります。

花火の写真や動画を見せておけば、実際に花火大会に行く前に、子どもは視覚的に花火を体験することができます。

2. 機嫌が悪くならないよう準備する

花火大会の時間まで子どもが起きているということは、花火に関係なく機嫌が悪くなる可能性もあります。

おやつや飲み物、子どものおもちゃや気を紛らわすものを持って行き、花火大会が始まるまで時間が潰せるようにしましょう。

さらにおすすめなのは、子どものためにノイズキャンセリング機能付ヘッドフォンを持っていくことです。

3. 対策を考えておく

特に、花火大会が初めての子どもは、花火にどのような反応をするかわからないので、対策を考えておきましょう。

素早く簡単に外に出られるところに車を停めたり、群衆の後ろのほうに場所を陣取ったりします。

花火を見るのに最高の場所ではないかもしれませんが、万が一大惨事が起こった時のための対策です。

4. 遠くから見ることも検討する

家の近所で、遠くに花火が見える場所があるかもしれません。遠くの花火であれば恐怖も薄れるでしょうし、音もそこまでうるさくありません。

5. 年々よくなる可能性もある

子どもが花火を怖がるのは、今年だけかもしれません。

1年後には、子どもが耐えられるようになったり、楽しめたりするように変わることもあります。

今年はあきらめなければならなかったとしても、来年も花火大会はあるということをお忘れなく。

子連れ旅行に欠かせない持ち物リスト荷造りの極意


4人家族の子連れ旅は「親+子ども」の2組に分かれていくとスムーズかつメリットばかり


Image: milezaway/Shutterstock.com

Meghan Moravcik Walbert - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next