lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

磁石のスマート感が病みつきになる革新的なペン「KOSMOS ink」がキャンペーン開始

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
磁石のスマート感が病みつきになる革新的なペン「KOSMOS ink」がキャンペーン開始
Image: machi-ya

多くのビジネスパーソンにとって、キーボードでのタイピングは当たり前になっています。では「手書きには価値がない」のでしょうか? タイピングしたほうが筆記の速度は速いかもしれませんが、学習や長期的な記憶力を保持することにおいては、手書きはタイピングに勝ります。つまり、目的に応じて、タイピングと手書きと使い分ける、というのがビジネスパーソンにとっての正解なのではないでしょうか?

ビジネスシーンで使いやすいスマートなデザインのペンなら、「KOSMOS ink」は間違いなくオススメの逸品と言えそうです。

万年筆の重苦しさを一切排除した新しいデザイン

KOSMOS ink(コスモス・インク)は、数々のアワード受賞及びKickstarterで大成功を納めた金属製ボールペン「KOSMOS」が万年筆となって新登場したものです。優れた耐久性と軽量性を兼ね備えた、ソリッドグレード5のチタンまたはグレード6のアルミニウムから精密加工されています。

「万年筆」と聞くとオールドで重苦しい雰囲気を想像しがちですが、KOSMOS inkはそんなイメージを払拭した全く新しいデザインとなっています。

主な特徴

10180715-kosmos02
Image: machi-ya

中でも、このプロダクトの顔と言えるのが、磁石を使ったスマートなキャップ開閉機構です。これだけでも魅力的なギミックなのですが、磁石によってキャップが吸い付くときに「カチッ」と音が鳴るところも、病みつきになるポイントのひとつ(音は動画で確認できます)。キャップと本体の面は無駄なく面取りされています。

10180715-kosmos03
Image: machi-ya

キャップを軽くひねると、磁力によって押し出されます。

10180715-kosmos04
Image: machi-ya

ボディ全体が適切に面取りされているため、転がり続けません。

10180715-kosmos05
Image: machi-ya

グリップ部には邪魔なスレッドを設けず、高品質メタルによるクリーンなデザインです。

10180715-kosmos07
Image: machi-ya

ドイツ製のペン先によってスムーズなペンの走りを実現しています。

素材のバリエーションはチタン、アルミ、真鍮の3種類

本体素材は、チタン、アルミ、真鍮の3種類から選べます。

10180715-kosmos06
Image: machi-ya

こちらはチタン。

10180715-kosmos08
Image: machi-ya

アルミは、カラーがWrap Black、Comet Grey、Night Sky、Rose Moonの4種類あります。

10180715-kosmos09
Image: machi-ya

こちらは真鍮。

10180715-kosmos10
Image: machi-ya

クリップの有無も選ぶことができます。

このほか、ペン先の太さも、Extra Fine(極細)、Fine(細)、Medium(普通)、Broad(太)4種類から選択可能。

KOSMOS ink(コスモス・インク)は、現在、クラウドファンディングサイト「Machi-ya(マチヤ)」にてキャンペーンを実施中です。アルミ製が25%オフの9900円(送料別)からオーダー可能。商品の詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「KOSMOS ink」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya

(伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next