特集
カテゴリー
タグ
メディア

慣れない土地で交通費を節約するには? 世界の主要空港の交通手段と料金比較

慣れない土地で交通費を節約するには? 世界の主要空港の交通手段と料金比較
Image: skyNext/Shutterstock.com

旅行で予算をやりくりする時に、空港から、もしくは空港への移動手段のことを忘れがちです。気をつけないと、意外とお金がかかってしまうこともあります。

しかし、うれしいことに世界中の大きな空港には、大抵手頃な交通手段があります。旅行のお金を節約したいのであれば、チェックするべき空港の交通手段をご紹介しましょう。

シャトルバス

空港から/空港への交通手段としてはシャトルバスが多いです。その場合は、通常の路線バスとは違うルートで運行しています。

シャトルバスの料金は、だいたい1,000〜2,000円くらい。空港の交通手段では最速ではないと思いますが、ターミナルに直接連れて行ってくれます。

覚えておいて欲しいのは、他の乗客とも一緒に乗り合わせる移動手段なので、時間はたっぷりと余裕を持っておく必要があるということです。

旅行ブログ「The Points Guy」では、ロサンゼルス国際空港(LAX)の場合は、市内のあらゆるところに乗降車地点がある「FlyAway」を勧めています(LA市内に向かう場合は空港の到着レベルにバス乗り場があります)。

ダラス・フォートワース国際空港(DFW)の場合は、ダウンタウン区域のホテルから乗ることができる「Super Shuttle」。

成田国際空港(NRT)の場合は、東京駅から毎時数本運行している「東京シャトル」などがあります。

大きなホテルは空港の送迎バスサービスがあるところも多く、宿泊客は安価もしくは無料で利用できることがあるので、チェックしてみましょう。

公共交通機関

180628_Airport
Image: Peter Broster/flickr

シャトルバスがなくても、何かしらの公共交通機関はあります。

大都市のほとんどには電車や路線バスがあり、空港にも駅や乗り場があります。このような公共交通機関の料金は、空港までが大抵1,000円以下で、500円以下のこともあります。

しかし、一番手頃な公共交通機関を使う場合、非常に時間がかかることがあるので、状況に応じて計画を立てましょう。

ご存知の通り、公共交通機関は本当にたくさんあります。

Googleで「空港名+公共交通機関」と検索するだけで、必要な情報が見つかるはずです。

もちろん、どの電車やバスに乗ればいいのかわからない時は、躊躇せずに誰かに聞きましょう。間違えて乗ってしまったら、お金も時間も両方無駄になります。

急行列車

地下鉄やバスよりも、少し余計にお金を払ってもいいという人には、急行列車がある空港もあります。この料金は400〜4,000円くらいまで幅広く、どこからどこまで乗るかや所要時間によって違います。

  • 成田国際空港(NRT)の場合:京成電鉄の「スカイアクセス」が約1,300円です。さらに速いJRの「成田エクスプレス」もありますが、こちらは約3倍の料金がかかります。
  • フィラデルフィア国際空港(PHL)の場合:「SEPTA Airport Line」で市の中心部まで行けます。
  • ロンドン・ヒースロー空港(LHR)の場合:「Heathrow Express」ですぐに空港まで行けて、料金も約2,000円以下です。
  • アリゾナのフェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX)の場合:「PHX Sky Train」がValley Metro Railの駅まで行くので、そこからフェニックス、テンピ、メサまで行けます。
  • 北京首都国際空港(PEK)の場合は、「Airport Express」の料金が500円以下です。
  • ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)の場合:「AirTrain」に乗り、MTAの地下鉄かLong Island Rail Roadに乗り換えます。
  • 香港国際空港(HKG)の場合:「Airport Express」が約1,300円です。

ほとんどの急行列車は地下鉄の駅から出ていることが多いので、急行券などを買わなければならない場合は注意してください。

ライドシェア

最後になりましたが、「Uber」や「Lyft」などのライドシェアで空港まで行くこともできます。

空港まで来るまで30分以内の場所から乗り、しかもラッシュアワーでない場合は、安く行けるかもしれません。

私は、ロサンゼルス国際空港(LAX)から20ドル+チップで何度かライドシェアにを使ったことがあります。ニューヨークのブルックリンからジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)に行く時は、安価な時間帯に25ドル+チップで乗れました。

アプリを開いてチェックするだけではお金はかかりませんから、距離や時間帯が合えば使ってみてはいかがでしょうか。

Image: skyNext/Shutterstock.com, Peter Broster/flickr

Source: The Points Guy, FlyAway, Super Shuttle, 京成バス, MARTA Red Line, MARTA Gold Line, MAX Red Line, RTA Red Line, Piccadilly Line, N9, Metrorail Orange Line, Dubai Metro Red Line, UTA TRAX Train, Orange Line, Sound Transit Central Link, Metro Blue Line, Chicago Transit Authority Blue Line, BART Yellow Line, Metrorail Yellow Line, 香港國際機場, スカイアクセス, 成田エクスプレス, SEPTA Airport Line, Heathrow Express, PHX Sky Train, Airport Express, AirTrain, Airport Express

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next