lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

海外旅行の旅費を抑えるために、時期よりも重視すべきことがある

海外旅行の旅費を抑えるために、時期よりも重視すべきことがある
Image: Ditty_about_summer/Shutterstock.com

豪華な旅の情報サイトAndrew Harperの匿名編集長によれば、旅費を抑えるにはフレキシブルでいることに尽きるとか。彼は、費用を抑えながら豪華な旅をする確実なコツをいくつか米Lifehackerに教えてくれました。そのうちの1つは、実践すると王様気分になれる最高の方法です。

格安で旅行する方法

その匿名編集長は、いつもの作戦を推奨しています。すなわち、次の3つのことです。

  • Chase Sapphire Preferredカード(旅行関連のポイントが高い)を作ってポイントを貯める
  • 旅行は「ショルダーシーズン(繁忙期と閑散期の間の期間)にする(カリブへの旅行だと繁忙期より半額以上安くなります)
  • 旅行のタイミングはフレキシブルにしておき、週の半ばに飛ぶフライトを探す

彼は国際便の「プレミアム・エコノミー」のトレンドがお気に入りです。

旅行の日程をフレキシブルにしておく限り、めったにない割引をたくさん見て選択できます。また、最も高級なホテルでも、連泊すると3泊目か4泊目は無料にしてくれることもあります。

通貨が安くなったタイミングが狙い目

でも、一番おすすめのコツは、行き先の通貨為替レートが下がったときに休暇のタイミングを合わせることです。いつか訪れたいと思っている国の物価が高いなら、為替レートを常に見ていて、最も有利なタイミングでチケットを買うようにしましょう。

あるいは、為替レートが有利な年に行きましょう。日本、英国、アルゼンチンは、現在通貨が米ドルに対して弱くなっているので、アメリカ人の旅先としては安くなっています。カナダはアメリカ人には常に安く、同じロッキー山脈でも、カナダ側で行くとアメリカ側より安いことをその匿名編集長は指摘しています。また、南アフリカの通貨は、12月の不況から立ち直りつつあります。

じょうずに旅行のタイミングを選べば、為替レートで10%以上得をするので、前述の戦略と組み合わせれば、旅費を大幅に節約しながら、実質的には遜色のない体験ができます。

常に物価が安いところや発展途上の経済のところに行けというわけではなく、自分の国と比べて一時的に通貨が弱くなっているところに行くことがポイントです。ナイアガラの滝のような国境をまたがる観光名所の近くで育った人なら、この作戦はお馴染みかもしれません(もちろん、カナダ側の街に魅力的な見どころがたくさんあることも観光客が集まる一因です)。でも、為替レートが降り戻る前に価格を固定しましょう。そうでないと、物価の高い国で立ち往生している貧しい旅人に突然なってしまいます。


Image: Ditty_about_summer/Shutterstock.com

Source: Andrew Harper, Chase

Nick Douglas – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next