特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

宅飲みがビアホールに。いつもの缶ビールが贅沢になるハンディビールサーバー【今日のライフハックツール】

宅飲みがビアホールに。いつもの缶ビールが贅沢になるハンディビールサーバー【今日のライフハックツール】
Photo: 池田千夏

もう少しで夏がやってきます。暑くなってくると、一段とビールがおいしい!

しかし、家で飲むときは泡がすぐなくなってしまったり、泡の粒が不揃いで口当たりがイマイチだったりと、お店で出されるようなビールを再現することは難しいですよね。筆者も、泡がなくなったジョッキビールはあまり好まないので、少し飲んですぐ足せる瓶ビールの方が好きです…。

そこで、今回は缶ビールに装着するだけでキメ細かい泡を欲しいだけ作れる、グリーンハウスの『ハンディビールサーバー』をご紹介します。

場所をとらず持ち運び簡単。複数のサイズにも対応

3B0A6658-1
Photo: 池田千夏

見た目はこんな感じ。黒と金という配色から、ちょっとしたゴージャス感を醸し出しています。

_B0A6808-1
Photo: 池田千夏

実際に装着してみるとこうなります。ちなみに250ml/350ml/500mlの缶に装着可能で、重さは140g持ち運びも簡単

実際に注いでみた

_B0A6756-1
Photo: 池田千夏

まずはそぉーっと、注ぎます。泡を出したいときは注いでる最中に親指のところにあるボタンを押すと、超音波の力によってキメ細かい泡が出てきます。

_B0A6759-1
Photo: 池田千夏

すごい量の泡! 一回カチッとボタンを押しただけでこれほどの泡が出てきます。

_B0A6764-1
Photo: 池田千夏

ボタンを押したり放したりすることで、好みの泡の量に調節します。押しっ放しにしてしまうと泡があふれる恐れがあるので、ボタンの加減に気をつけつつ注ぎましょう。

_B0A6937-2
Photo: 池田千夏

完成。ふわっふわのおいしそうな泡ができました。実際に飲んでみると、優しい泡に包まれて口が幸せです。

ちなみに、本気で泡を出してみると…。

S__113557530
Photo: 池田千夏

ほとんどが泡。溢れてしまいそうでした。

普通に注ぐのと全然違う

S__113557533
Photo: 池田千夏

比較をしてみました。こちらは『ハンディビールサーバー』を使わずに注いでみた写真です。これはこれでおいしそうですが、泡が不揃い

3B0A6767-2
Photo: 池田千夏

こちらが『ハンディビールサーバー』で注いだビール。見比べると泡のキメ細やかさは一目瞭然。飲んでる途中で泡がなくなっても、飲みながら泡だけ足していくこともできます。

ノンアルコールビールのクオリティもアップ

_B0A6909
Photo: 池田千夏

ノンアルコールビールも、そのまま注ぐより泡が立ちました。普通のビールと比べたら泡のキメ細やかさは劣る気もしますが、口当たりはまろやかで上質さを感じられます

片付けも楽チン

_B0A6985-1
Photo: 池田千夏

使用したあとは、2つに分解して洗うだけです。ただし乾電池が入っている部分は濡らしてはいけません。

ちなみに使用に必要なのは単4電池2本だけ。昨年の夏から現在まで使えているので、かなり長持ちで、コスパ良しです。

家で晩酌をされる方にはもちろん、持ち運びが簡単なのでアウトドアなどでも大活躍しそうなグリーンハウスの『ハンディビールサーバー』。

これ1つあれば、いつものビールが手軽にもっとおいしく楽しめますよ。


Photo: 池田千夏

Source: Amazon.co.jp

門岡 明弥

swiper-button-prev
swiper-button-next