特集
カテゴリー
タグ
メディア

死後、SNSはどうなる?

死後、SNSはどうなる?
Image: Jacob Lund/Shutterstock.com

大人になればほとんどの人は、自分が死んだ場合に備えて遺言書を残しておいたほうがいいでしょう。遺言書は老人だけのものではありません。誰でも病気になったり、事故に巻き込まれたりして死んでしまう可能性はあります。そして、遺言書は主に有形の「物」に重点が置かれますが、多くの人は価値のあるデジタル資産を所有していて、それらは所有者の死後、アクセスできなくなってしまう可能性があります。そうしたデジタル資産のことも気にかけましょう。

ユーザーネームとパスワード

ある意味、これらは管理しやすいデジタル資産です。おそらくほとんどの人は、さまざまなサービスのユーザーアカウントを数え切れないほど持っているはずです。けれど、その中にいくつか重要なアカウントがあります――オンラインバンキングや株取引用のアカウント、仮想通貨ウォレットなどです。

私は、アカウントの詳細を書き留めて(たとえば、現物の紙などに!)、封筒に入れて封をし、それをまた別の封筒に入れて、「私が死亡した場合にのみ開封すること」というメッセージを封筒の表に書いておくことをおすすめします。

それから、その書面を弁護士の事務所などの安全な場所にしまっておきましょう。または、遺言執行人などの信頼できる人に託しましょう。

多要素認証

二要素または多要素認証を提供しているサービスでは、きっとみなさんもそれを利用しているはずです。それぞれの認証サービスがどのように機能するのか確認する必要がありますが、多くは2つ目の要素に2つ以上の場所からアクセスできるオプションを提供しています。たとえば『Google Authenticator』を利用している人は、2台目のデバイスにも設定することが可能です。

契約サービス

これは少し面倒な問題です。私のように、ストリーミングサービスがまだ主流でなかったころに、たくさんの音楽、映画、TV番組を収集してきた人もいるでしょう。そういう資産の現物コピーを持っていない場合、ほかの誰かがクラウドサービスからアクセスできるようにするのは簡単ではないかもしれません。

音楽や映画をデジタルサービスで購入するとき、実際にはそういう資産のコピーを買っているわけではありません。ほとんどの場合、コンテンツにアクセスする権利を買っているのであり、その権利は譲渡できないのです。

私は、Google PlayやAppleのiTunesおよびApp Storeを通じて購入したアプリや映画、音楽を山ほど持っています。ほとんどはAppleから入手したものなので、「ファミリー共有」を設定して、妻と子どもたちも購入済みのコンテンツにアクセスできるようにしました。ですから、私が突然この世を去っても、妻と子どもたちは私が購入した映画を見て、音楽を聴くことができるのです。

このように、権利は譲渡できませんが、デジタル資産へのアクセスを継続させることはできるかもしれません。ただし、そのコンテンツに紐づけされたユーザーアカウントを忘れないようにしましょう。そのコンテンツがDRM(デジタル著作権管理)で保護されている場合は、アカウントが必要になるかもしれないからです。

委任状

デジタルライフの話からは少しそれますが、信頼できる人を代理人に指定し、財務と医療措置に関する委任状を託しておくことはとても重要です。これは、誰かがあなたに代わって決断を下すことを許可する法的文書です。

たとえば、私の両親が高齢になってきたとき、財務と医療措置に関する委任状が私と兄弟に託されたので、両親が決断不能になった場合に、私たちが代わりに決断できるようになりました。

委任状があれば、銀行の口座など、本人の死後に凍結される可能性のあるアカウントへのアクセスを許可してもらうのに役立ちます。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアのアカウントにアクセスするなど重要なことではないように思えるかもしれませんが、そうとは限りません。人が死んだときに最も実行が難しいことの1つは、影響を受ける人たち全員に速やかに知らせることです。死を予測できる場合は、家族が連絡の取り方を前もって計画し、親族や友人に適切なタイミングと礼儀にかなったやり方で通知できるようにすることが多いのです。

これはさまざまなソーシャルネットワークで実行可能です。例えば、Facebookでは、あなたの個人設定で「相続人」を決めておくことができます。これは、あなたが亡くなった場合や無能力状態に陥った場合に、あなたのアカウントを管理できる人です。信頼できる人を選んで、この役目を託したことを知らせておきましょう。

個人的な経験

私の父はとても几帳面な人でした。

父は死ぬ前に、私たち家族に死後の一切の処理を伝えるフォルダーをコンピューター上に作成していました。そのフォルダーの中には、重要書類のコピーや、重要な日付と場所などの情報を記した箇条書きの経歴などが含まれていたので、父の葬儀の手配はとてもスムーズに進みました。

たいへんに辛い時ではありましたが、そうした情報がすでに準備されていたことは、私たち家族にとってはありがたいことでした。自分が死んだ後のことなど気にしないという人もいるかもしれませんが、後には悲しむ人たちが残されるのですから、辛い時に少しでも準備が整っていれば彼らの助けになるのです。


Image: Jacob Lund/Shutterstock.com

Anthony Caruana - Lifehacker US[原文

訳:松田貴美子/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next