特集
カテゴリー
タグ
メディア

秋まで待てない人へ。iOS 12の新機能を疑似体験する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
秋まで待てない人へ。iOS 12の新機能を疑似体験する方法
Image: Halfpoint/Shutterstock.com

今月行われたWWDC 2018のキーノートプレゼンテーションで、Appleは多くの新機能を発表しました。現在ベータテスト中のiOS 12では、ユーザーがSiriをトレーニングしたり、サイトによるトラッキングを防いだり、アプリの利用時間を制限したりできます。でも残念なことが1つ。せっかくこれだけの素晴らしい新機能を発表したのに、iOS 12のローンチは秋だというのです。

そこで、秋まで待てないというせっかちなあなたのために、今すぐにiOS 12の新機能を疑似体験する方法を紹介します。

スクリーンタイムを管理する

td2smc7wjhwhiqj0qdtl
Image: Apple

誰にとっても自明であったことを、Appleはついに認識したようです。そう、スマートフォンには中毒性があります。そこでiOS 12では、特定のアプリで時間を無駄にしすぎていないかを確認するため、アプリの使用時間を記録できます。また、おやすみモードもアップデートされています。

Appleの平穏なアップグレードを待てない人は、『Headspace』や『Moment』などのアプリをお試しください。どちらもスマホの使用時間を抑えるためのアプリです。名前がよく似た『In Moment』というアプリは、SNSアプリの使用時間を記録し、制限をかけることもできます。『Forest』や『Hold』といったアプリは、スマホ中毒から脱するプロセスをゲームにしているので、楽しみながら使用時間を削ることができます。

大人数でのビデオチャット

新しいFaceTimeは、グループ通話に対応しました。最大31人の友達とのビデオ通話が楽しめます。このようなグループチャット機能を提供しているアプリはほかにもたくさんあります。たとえばSkypeは、最高のビデオチャットツールとして過去記事でも紹介しています。

Instagram、WhatsApp、Snapchatなどのサービスでも、グループチャットが可能です。『HouseParty』のように、グループビデオ通話専用のアプリもあります。また、Airtimeは、32人とはいかないまでも、大人数でのグループ通話が可能です。とはいえ、そんな人数で同時に会話する機会などあるのか、はなはだ疑問ではありますが。

静かに通知

q7qnsx1iavepvjfbw0do
Image: Apple

iOSのロック画面は、プッシュ通知が表示された瞬間にアプリの通知設定を変えられるのが特徴です。でも、ロック画面からではありませんが、今でも「静かに通知」が可能なのは知っていますか?

設定アプリで通知セクションに行き、アプリを選びます。そこで「サウンド」「ロック画面に表示」「バナーとして表示」をオフにすることで、iOS 12の「静かに通知」と同じ状態が得られます。「通知を許可」をオフにすれば、ロック画面での「オフにする」と同じであることは言うまでもないでしょう。

Webサイトによる追跡をやめさせる

iOS(およびMac)版Safariの最新バージョンは、いいねボタンやその他のSNSコードがWeb上でのあなたの動きを追跡するのを防ぐことができます。iOS 12およびMac OS Mojaveは秋まで出ませんが、このアンチトラッキング機能をすぐに使いたければ、Ghosteryなどの拡張機能を使うか、DuckDuckGoなどのブラウザを使用してください。『AdBlock Plus』は、数ある拡張機能の中でも、すぐれたものの1つ。Firefoxなどの人気ブラウザーにもある程度のトラッキング保護機能は実装されていますが、カバーされていない部分は必要な拡張機能で補うことをおすすめします。

日々のルーチンを自動化

qnahlbvo7lt9hdth5akn
Image: Apple

iOS 12の目玉は、何といってもSiriショートカットでしょう。特定のフレーズを使って、一連のワークフローを開始させることができます。たとえば、あらかじめ決めておいたフレーズをSiriに言うと、一連のタスクを決めておいた順序で自動的に処理してくれます。WWDCでは、カスタムリクエストにより、ルームメイトにメールをしたり、スマートサーモスタットをセットしたり、お気に入りのポッドキャストを再生したり、家に帰るマップを開いたりといったデモが実演されていました。

この機能を待ちきれない人は、IFTTTのようなサービスがオススメです。また、『Launch Center Pro』や『Workflow』などのアプリは、1つのボタンをトリガーに、複数のタスクをこなしてくれます。実際、Appleは2017年にWorkflowを買収しているので、Siriショートカットを今すぐ試したければ、Workflowを入れてみるのがいいでしょう。


Image: Halfpoint/Shutterstock.com

Source: Apple(1, 2, 3, 4, 5, 6), Moment, Forest, Ghostery, Spread Privacy, ABP, TechCrunch

Xavier Harding - Lifehacker US[原文

訳:掘込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next