lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

保温も燻製も炊飯も。育てる万能調理器具・スキレット

roomie

保温も燻製も炊飯も。育てる万能調理器具・スキレット
Image : 舟津カナ

ROOMIEより転載:スキレットは、鋳鉄(ちゅうてつ)製のフライパン。

ズシッと重みがあり、はじめは使いにくいと感じますが、使っていくとどんどん愛着がわく、育てていきたい料理器具

アウトドアで使いこなしていると「できる人!」と思っちゃう万能調理器具です。

アウトドアでの料理バリエーションをゆたかに

普通のフライパンより熱伝導に優れていて、蓄熱性が高く、一度加熱すれば弱火で調理ができます。

肉の塊を焼くだけでおいしいし、パエリアなどの蒸し料理や、カンタンな野菜炒めなど、なんにでも対応。

また、フタをすれば燻製をつくることも、米を炊くこともできる万能フライパンです。

見栄えもGOODだから、皿代わりに直接テーブルへ!

b
Image : 舟津カナ

スキレットで料理をして、そのままそれを食卓に持って行けば皿代わりに。洗いものが減る上に、保温効果が高く、料理がいつまでもあたたかく保てて一石二鳥!

しかも、スキレットをテーブルに置くだけで、アウトドア感がでますよね。

長く育てる楽しみアリ

c
Image : 舟津カナ

鋳鉄製はシーズニング(手入れ)が必要です。

私が愛用しているLODGEキャストアイアンはスキレットの中でも厚め。初めのシーズニングは済みで届きますが、使用後は洗う→カラカラに乾かす→熱いうちにオイルを塗る、という作業が毎回必要です。

そうしないと、すぐサビてしまうんです(でもきちんとサビは落とせます)。

ちょっと面倒な作業ですが、やればやるほど味がでて、愛着が湧きます。

きちんと手入れをすれば、テフロン製のフライパンと比べて長持ちするのもスキレットの特徴です。

残念な点:重い&熱い

d
Image : 舟津カナ

熱伝導率がいいため、持ち手も熱くなります。持つときは必ずミトンが必要!

子どもがいるキャンプでは、特に注意が必要です。

また、重いのでスキレットを振りながら料理をする場合はちょっとした筋トレになります。

家でも大活躍!

e
Image : 舟津カナ

アウトドアのイメージが強いですが、家で使用すれば家にいてもアウトドア気分が味わえます。

鉄製なのでIHコンロでも使用可能で、オープンにも直接入れられます

わが家では、羽餃子やパンケーキをつくるときに活躍しています。

f
Image : 舟津カナ

LODGEのワイルドアニマルシリーズのキャストアイアンは、底に動物が描かれているので、使わないときは壁に掛ければちょっとしたインテリアにもなります。

今年の夏は、アウトドアでの料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Image: 舟津カナ

Source: LODGE, ロジック8インチ スキレット フライパン

舟津カナ

swiper-button-prev
swiper-button-next