lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

通勤、出張、ジム、登山までもが守備範囲。ドイツ生まれのタフなバックパック「DAYFARER」がキャンペーン開始

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
通勤、出張、ジム、登山までもが守備範囲。ドイツ生まれのタフなバックパック「DAYFARER」がキャンペーン開始
Image: machi-ya

ジム用のシューズやウェアを、ノートパソコンなどの仕事道具と一緒に持ち歩かなければならないビジネスパーソンは多いはず。耐久性が高く、様々なシーンで使える万能なバックパックを探しているなら、このバックパックをぜひチェックしてください。

スマートなデザイン、考え抜かれた機能性

Video: Youtube

「DAYFARER(デイファーラー)」はドイツのデザイナーによって開発されたバックパック。スマートなデザインと考え抜かれた機能性は、ビジネスパーソンはもちろん、プライベートでも幅広く使える守備範囲の広さが特徴です。

生地や素材は耐久性とパフォーマンスの観点から厳選されています。YKK®のジッパー、Fidlock®やDuraflex®の機能性パーツ、バリスティックナイロン、リップストップナイロンといった耐久性の高い高品質の生地を使用しています。

主な機能と特長

DAYFARERには、様々なシーンで活躍する機能が過不足なく備わっています。

20180611-dayfarer02
Image: machi-ya

15インチまでのノートPCを収納するノートパソコン専用コンパートメント。

20180611-dayfarer03
Image: machi-ya

換気もできるシューズ用コンパートメント。

20180611-dayfarer05
Image: machi-ya

メインコンパートメントはフラットに開閉するので、アイテムを取り出しやすく、ジム用ウェアなどもきれに整理して収納することができます。

20180611-dayfarer06
Image: machi-ya

キャリーバッグに取り付けられる「トロールスリーブ」で、出張や旅行もスムーズ。

そのほか、スマートフォンや鍵を収納してすばやく取り出せるクイックアクセスポケットや、ドリンクのボトルを入れられるサイドポケット、大きめのフロントポケットなどを装備。

20180611-dayfarer07
Image: machi-ya

また、体の負担を減らす工夫もきっちりされていて、ショルダーストラップは、幅広でビンディングのないEVAフォーム内蔵のストラップを採用。背中に当たるバックパネルも通気性を考慮したデザインとなっています。

アクセサリーも充実

20180611-dayfarer08
Image: machi-ya

写真の、充電器やケーブルなどハイテクガジェットを収納できるテックポーチをはじめ、ショルダーストラップに装着して安定させられるチェストストラップや、荷重を肩から分散させるウェストベルト、バックパックのボトムに取り付けて三脚やヨガマットを装着できるアクセサリーストラップなどのアクセサリーも充実。これらすべてが付いたアクセサリー付属セットも選択できます。

「DAYFARER(デイファーラー)」は、現在、クラウドファンディングサイト「Machi-ya(マチヤ)」にてキャンペーンを実施中です。DAYFARERバックパックが限定25個15,000(税込・送料別)から支援可能。商品の詳細は下のリンクからチェックしてください。

>>「DAYFARER」の支援はこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya



伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next