lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今すぐ作りたくなる。アボカドを使った5つの驚きレシピ

MYLOHAS

今すぐ作りたくなる。アボカドを使った5つの驚きレシピ
Image : Lara Ferroni

アボカドはもっともおいしい食材としてノミネートされてよいかもしれません。食べ応えのあるトーストのトッピングから、具沢山のグレインボウル、タコスやブリトーなど、アボカドなしだと料理がずっとつまらなくなってしまうはず。

アボカドを使った意外なレシピを厳選

でも、そんなアボカドでも飽きてしまうこともある。そこで飽きる前にメニューにバリエーションを加えてみて。植物性のレシピを提案しているローラ・フェロニーの著書『An Avocado a Day』ではクリエイティブでおいしいレシピが70以上紹介されている。その中でも今すぐ作りたい5つをご紹介します。

ni
Image : Lara Ferroni

アボカドヨーグルト

アボカドがあればいつものヨーグルトにも一ひねり加えられます。アボカドをヨーグルトと混ぜるだけびっくりするくらいなめらかに! 甘くないタイプにしたいのなら、塩漬けの種、ヒマワリの種、野菜類や甘くないおかゆをトッピングして。甘くしたいのなら、お好きなジャムやフルーツを乗せてシナモンを少々かけて。

作り方(1人前)

  • ギリシャヨーグルト 1/4カップ
  • アボカド 1/3カップ(生、冷凍、解答のどれでもOK)
  • 海塩 少々 (※甘くないヨーグルト用)
  • ライム汁 小さじ1 (※甘くないヨーグルト用)
  • ハチミツ 大さじ2 (※甘いヨーグルト用)
  • レモン汁 大さじ1 (※甘いヨーグルト用)
  1. ヨーグルトとアボカドをミキサーで混ぜ、甘くないヨーグルトには海塩とライム汁を加え、甘いヨーグルトにはハチミツとレモン汁を加える。全体がなめらかになるまでよく混ぜる。(アボカドヨーグルトはできたてを食べるのが一番ですが、密閉容器に入れて冷蔵庫に入れれば数日間変色をせずに保存可能。少しずつ色が悪くなるが、色が変わってからも数日は食べられる)。
ぬ
Image : Lara Ferroni

アボカドマカロニ

マカロニチーズのチーズをアボカドにかえれば、味は同じくらいおいしいけれど栄養価はアップします。カシューナツミルクも思っているよりも簡単に作れて、植物性の料理にはぴったりです。お好みで普通の牛乳を使ってみても。

材料(2人前)

  • マカロニやシェルパスタ 1カップ
  • カシューナツミルクか牛乳 1/2カップ
  • ココナツオイル 大さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • 粉末辛子 小さじ1/4
  • ニンニクパウダー 小さじ1/4
  • ターメリックパウダー 小さじ1/8
  • パプリカパウダー 小さじ1/8
  • つぶしたアボカド 1/3カップ
  • 海塩 少々
  • 黒コショウ 少々
  1. 中くらいの鍋でお湯を4カップ沸騰させて海塩をひとつまみ加える。パスタを加えてパッケージ通りにアルデンテになるまでゆでる。
  2. パスタを料理している間に、カシューナツミルクとココナツオイルを小鍋に入れて弱火で溶かす。砂糖、粉カラシ、ニンニクパウダー、ターメリックとパプリカを混ぜる。火からおろしてアボカド、レモン汁を加えてなめらかになるまでミキサーで混ぜる。塩コショウで味をととのえる。
  3. パスタの湯を切り、アボカドクリームソースをかける。できたてがおすすめ。
ね
Image : Lara Ferroni

二度焼きアボカド

あたたかいアボカド? と思うかもしれないけれど、まずはこのレシピをためしてみて。表面のチーズがとけるくらいまで温めれば、味がちょうどよくなじみつつ、苦くはならない。

材料(2人前)

  • アボカド 2個
  • ベーコン 2切
  • ピーマン 1個
  • チーズ 1/2カップ(チェダーチーズやフェタチーズなど)
  • 海塩 小さじ1/4
  1. オーブントースターを高温であたためておく。
  2. アボカド1個をタテ半分に切り、種を取りのぞく。実を取り出し、ペースト状にする。小さく切って加熱したベーコン、ピーマンとチーズを1/4カップ分混ぜる。
  3. もう一つのアボカドをタテ半分に切り、種を取り除く。皮の中でスライスするように切り目を入れて上にアボカドペーストとチーズ1/4カップと塩を乗せる。
  4. アボカドをベーキングシートに載せて、表面のチーズが溶けるまで5分ほど焼く。
の
Image : Lara Ferroni

タラのアボカドとカリフラワーマッシュ

このレシピはおしゃれに見えるけれど、とてもシンプル。必要なのはギンダラか生の魚ならサケ、マス、オヒョウなどでもよい。また、カリフラワーマッシュは多めにできるので翌日にも食べられます。

材料(2人前)

  • カリフラワー 小1個
  • ギンダラ 2個(大きさはお好みで)
  • 黒コショウ 少々
  • アボカドオイル 大さじ1
  • アボカド 1カップ分(つぶしたもの)
  • 無糖ヨーグルト 大さじ2
  • アボカドリーフソルトなどの塩 小さじ1
  1. 水4カップを沸騰させて、塩を少々加えて、小さく刻んだカリフラワーを15分から18分柔らかくなるまでゆでる。カリフラワーの水を完全に切り、中くらいのボウルに入れておいておく。
  2. ギンダラを海塩とコショウでよく味をつける。
  3. オーブンを220度に余熱しておく。
  4. 鉄のスキレットをよく熱して厚くなったらギンダラを皮目から2分ほど焼く。裏返してからスキレットをオーブンに入れる。中心が透明になるまで焼いたらさらに2分焼く。(加熱しすぎには注意)
  5. アボカドとヨーグルトをカリフラワーに加えて、ミキサーかハンドブレンダーでピューレ状になるまでよく混ぜる。海塩とコショウで味をつける。ギンダラ、アボカドリーフソルトで飾りつけてすぐに食べる。
は
Image : Lara Ferroni

アボカドチキンサラダチキンを丸ごと1羽焼いても残ってしまうという人にこのレシピはぴったり。さらにロースト七面鳥にもあうのでぜひこれを機会に1羽焼いてみてください。

材料(2人前)

  • 調理済みの鶏肉 1カップ分
  • ブドウ 1/4カップ
  • アボカドマヨネーズ 大さじ3
  • タラゴン(生) 大さじ1
  • 塩漬けナッツかナッツ 大さじ1
  • レモン汁 大さじ1
  • ピーマン 1個
  • 海塩 少々
  • 黒コショウ 少々
  1. 中くらいのボウルにほぐしたチキン、小さく切ったブドウ、マヨネーズ、タラゴン、塩漬けナッツ、レモン汁、薄切りにしたピーマンを加えてよく混ぜる。塩コショウで味をととのえる。
  2. できたらすぐに食べるか、使わない場合はラップをして冷蔵庫で一晩保存可能。

アボカドマヨネーズの作り方

アボカド1カップ分にレモン汁大さじ4、ディジョンマスタード小さじ1/2、アボカドオイル1/3カップをフードプロセッサーでよく混ぜる。一度とめてからオイルを少しずつ加えてまたよく混ぜる。もったりとしたら海塩と粗挽きコショウを加えてできあがり。密閉容器で2、3日保存可能。時間がたつと少し変色するが、味には変わらない。

マイロハスより転載(2018.05.09公開記事)

Marygrace Taylor/5 Totally Unexpected Ways To Eat Avocado

訳 : Noriko Yanagisawa

swiper-button-prev
swiper-button-next