lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

ランニングをはじめたいのに腰が重い人向けのアプリ『C25K』

  • カテゴリー:
  • TOOL
ランニングをはじめたいのに腰が重い人向けのアプリ『C25K』
Image: lzf/Shutterstock.com

私は本当にランニングがずっと嫌いでした。もう一度ランニングをやってみようと決める度に、自転車とか、ウエイトトレーニングとか、ほかのことのほうがどれほどいいかと考えます(ただしスクワット以外)。しかし、無料のアプリ『C25K』を使って走りはじめてから、より長く楽しく走れるようになっています。

「C25K(=C to 5k)」という名前で察しがつく人もいるかもしれませんが、このアプリ(iOS版Android版)は「ソファ(Couch)から降りて5kmのランニングをする」のを8週間以上続けるように設計されています

30分のランニングを週3回、定期的にやる覚悟をしないと、このアプリはうまく機能しません。しかし、アプリは5kmを走れるようにしてくれるので、長距離を走る考え方や心構えが徐々にわかってきます。それは健康のためでもあり、30分間休まず走り続けるのがどれほどきついか初日に気付いてもやめないようにというためでもあります。

『C25K』を気に入っている一番の理由は、無料版でもランニング中に必要な基本をカバーしているところです。トレーニングの時間を決めてセットすると、スマホの画面の真ん中にあるタイマーがカウントダウンをします。「走る」と「歩く」を切り替えると、イヤホンやヘッドホンでお知らせしてくれます。つまり、5kmを走れるようになろうとしているのですから、30分間休まずに走れるように最初は歩くこととミックスしていきましょう。

このアプリは、iOS版の場合は5米ドル、Android版の場合は3米ドルでアップグレードできます。有料版は、走った距離の記録、カロリー消費の記録などの機能が含まれ、広告が表示されません。ランニングで伸び悩んでいるのであれば、買うだけの価値はあると思います。私は走りはじめた時は、距離やカロリーはまったく気にしていませんでした。ただいつ歩いて、いつ走ったのかを教えてくれる簡単なガイドが欲しいのであれば、「C25K」の無料版がピッタリだと思います。


Image: lzf/Shutterstock.com

Source: iTunes, Google

David Murphy - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next