lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

だし巻きたまごは秒で作る。レンジで時短できる便利な100均アイテム

roomie

だし巻きたまごは秒で作る。レンジで時短できる便利な100均アイテム
Image: 栗山佳子

ROOMIEから転載:「あ~、もう1品…」

お弁当や、朝食のお皿に、思わぬすき間ができてしまうと、困ってしまいますね。忙しい朝なのに…。

そんな時、レンチンでサクッと大助かりな100均グッズを見つけました。

混ぜる具材でバリエーションは無限大

18_04_20_egg_11-1
Image: 栗山佳子

「ゴミ箱…?」 いえいえ違います! これが、ダイソーで見つけた「だし巻きたまご」。これで、お弁当や、朝食のメニューとしては定番な卵焼きを作れば、もう万能選手!

18_04_20_egg_10-1
Image: 栗山佳子

卵に混ぜる具材を変えるだけで、毎朝、違ったバリエーションのおかずに早変わりするんです。

18_04_20_egg_12
Image: 栗山佳子

例えば、定番のネギはもちろん、前日のおかずの残り物とか、ふりかけとか、冷凍食品とか、パスタソースとか!混ぜるもので、赤、緑、黒など、欲しい色どりも簡単に出せちゃいます。

本当にレンジでカンタン

18_04_20_egg_2-2
Image: 栗山佳子

それでは、基本的な使い方をご説明。まず、容器に大さじ1杯の水と生卵1個を入れて軽くかきまぜます。

さぁ、そのまま電子レンジへ!

18_04_20_egg_4-2
Image: 栗山佳子

500Wなら40秒くらいです。

チンできたら取り出し、顆粒だしを小さじ1/3ほど投入。軽くかきまぜ、再び電子レンジで40秒。

18_04_20_egg_5-1
Image: 栗山佳子

そうしたら、付属の押し蓋を入れて1分放置。

18_04_20_egg_7-1
Image: 栗山佳子

ハイ完成! だし巻きたまご! 拍子抜けするほどカンタンです。

残念なところ:大人数にはフランパンの方が…

18_04_20_egg_6-1
Image: 栗山佳子

ジグザク柄をキレイにつけるためには、容量を抑えるのがキレイにつくるポイント。残念ながら、それには卵1個分が適量なんです。一度に大人数分の卵料理をつくるには、やはりフライパンに分があります。

ポイントは2つ

18_04_20_egg_13-1
Image: 栗山佳子

さて、違ったバリエーションにするなら、途中で具を混ぜるだけ!その際のポイントは2つです。

重りを置く

18_04_20_egg_8
Image: 栗山佳子

残念ながら、具を混ぜ入れると、押し蓋が綺麗に閉まりません!そこで、押し蓋の上に代わりの重りを置くとGood。

+10秒するだけ

レンチン時間も様子を見ながら10秒ずつ伸ばすとキレイにできます。予想外に便利なグッズ。見た目もキレイなので、家族もお弁当の卵焼きが、最近100均グッズで作っていることには誰も気づいていないことでしょう…。

100回以上の人気連載「マイ定番スタイル」では、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。直近はこちら。

無印の「柄つきスポンジ」はキッチンの救世主

本棚に入りきらないマンガは、セリアの収納ボックスですっきり収める

Image: 栗山佳子

栗山佳子

swiper-button-prev
swiper-button-next