lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

空きスペースを投資額ゼロで有効活用、駐輪場として貸し借りできるサービス『Charippa(ちゃりっぱ)』

  • カテゴリー:
  • NEWS
空きスペースを投資額ゼロで有効活用、駐輪場として貸し借りできるサービス『Charippa(ちゃりっぱ)』
Image: Carippa

昨今、自転車電車代もガソリン代もかからず健康的でエコフレンドリーな移動手段として注目されてきています。しかしながら、期待されているほど普及が拡大しているとは言えない状況です。

雨天での使い勝手が悪いとか、時間的にも体力的にも長距離の移動が苦手とか、いくつかの要因が考えられますが、必要な駐輪場が確保されていないというところも、大きな要因のひとつと言えるでしょう。

歩道上など、駐輪場以外の場所に置かれている自転車をジャマだと感じたことがある人なら、「積極的に活用したいとは思わない」と考えてしまうのも無理はありません。

Charippa(ちゃりっぱ)』は、こうした放置自転車問題を解決する可能性のある、新たな取り組みです。

20180416_charippa_01
Image: Charippa via PR TIMES

PR TIMESによると、「Charippa」は駐輪場の提供者側(土地オーナー)と利用者側(ユーザー)の双方に向けて作られています。土地オーナーにとっては、ちょっとした隙間スペースを活用してお金を稼ぐことができ、ユーザー側にとっては、月極か一時利用かを必要に応じて選択できるという、駐輪場運営・利用システムを、スマホで気軽に活用できるサービス。

駐輪場が不足している駅前や、商店街、保育園の近くなどで利用が進めば、放置自転車の減少が期待できます。また、こちらも最近よく耳にする「シェアサイクル」と違い、各ユーザーが所有している自転車を使うため、雑に利用されることも比較的少なく済みそうです。

20180416_charippa_02
Image: Charippa via PR TIMES

土地オーナー側の視点に立てば、コインパーキングのようにロック板やゲートを設置する必要が無く、投資額ゼロで始められるというメリットは嬉しいもの。ただし、無断駐輪や停めっぱなしで放置されてしまった場合にどう対処すればいいか、ゴミの散乱など美観上の問題が起きないか、という点は気になるところです。

ともあれ、行き過ぎたモータリゼーションの代替交通手段として自転車活用を広めるには、受け皿の整備は必須要件。シェアサイクルの本格稼働がまだまだという中、すぐにでも始められるサービスとして要注目でしょう。


Image: PR TIMES, Charippa

Source: PR TIMES, Charippa

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next