lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

GoogleやSNS上にある、あなたの情報にスコアをつけるサービス「BrandYourself」

  • カテゴリー:
  • TOOL
GoogleやSNS上にある、あなたの情報にスコアをつけるサービス「BrandYourself」
Image: Bloomicon/Flickr

職探し中の人の中には、次の職場の人に見せたくないSNSの投稿があるのはないでしょうか。そんなときにおすすめの便利なツールをご紹介しましょう。

2009年に設立されたBrandYourselfは、顧客のネット上での評判をクリーンに保つお手伝いをしていますが、最近ネット上の評判を管理するツールを打ち出しました。これは、Googleサーチの結果やFacebookのページ、Twitterのプロフィールで将来就職する可能性のある会社には見られたくない投稿や結果をスキャンして、以下のサービスを提供します。

  • 評判にスコアをつける:同社基準であなたのオンライン上の評判に点数をつけます。800点満点で、下は「大変悪い」から上は「すばらしい」の範囲でレイティングします。
  • 評判をレポートする:このレポートで、何があなたの評判に最も影響を与えているかがわかります(たとえば、有害と思われるツイートやFacebookには警告のフラッグが立ちます)。
  • 良い評判を作る:オンライン上の評判をより良くするためにすべきことをリストにします。このツールは、ほんの2〜3分で私のアカウントを分析して、良いフィードバックをいくつかくれました。

でも、限界もあります。少なくとも無料のバージョンはFacebook、Twitter、Googleサーチの結果しかカバーしておらず、Instagramなどその他のソーシャルメディアでのプロフィールに関しては手つかずのままになります。求職中の人は、応募する企業に見てほしくない過去記事はプライベートに分類するか削除するようにしましょう(仕事と無関係のソーシャルメディアの記事はすべてプライベートに分類したほうがいいですね)。

20180213media2
Image: Brandyourself

さらに重要なのは、このツールは「セックス」といった特定の言葉や「ビール瓶」のような特定の画像で検索して、内容に関係なくネガティブととらえてしまうことです。私は無料バージョンで800満点中413点という「低い」点数でしたが、私のTwitterの投稿メッセージでBrandYourselfがフラッグを立てたのは、以下の2つでした。

99.96ドルで1年間有効の有料バージョン(自動更新です)にアップグレードすると、フィルターを設定して心配な記事をWebサイトから直接削除できます(Twitterの投稿メッセージが心配なら、BrandYourselfがフラッグを立てた懸念されるメッセージをAdvance Searchで検索して自分のアカウントから削除できます)。


Image: Bloomicon/Flickr

Source: BrandYourself, Time, Twitter

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next