lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

「じゃんけん」から「AI」まで。19年卒ユニークな新卒採用事例まとめ

  • カテゴリー:
  • NEWS
「じゃんけん」から「AI」まで。19年卒ユニークな新卒採用事例まとめ
Image: Photographee.eu/shuttersotck

いよいよ今月からスタートした新卒一括採用。ひと昔前では考えられなかったような、ユニークな採用活動を行う企業が増えてきています。そこで、今年の採用活動の中から面白い取り組みをまとめてみました。

集中力を計測し、スコアが高ければ一気に最終面接へ

recruit-new-graduates5
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via JINS

日本のみならず、中国や台湾、アメリカにまで店舗を展開するメガネチェーン店の株式会社ジンズ。今年度の新卒採用では、説明会の際に、同社のメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」で集中力を計測しながら個人ワークをさせます。ワークと集中力、両方のスコアの結果で合否を判断。合格すれば、一気に最終選考へと進むことができます。

株式会社ジンズの集中力採用についてはこちら

新卒だけど"30歳"まで応募可能

recruit-new-graduates
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via リクルートホールディングス

株式会社リクルートホールディングスでは、「2019年3月以前に卒業見込みであること」と「30歳以下であること」の2つの条件を満たせば、新卒採用に応募することができます。もちろん既卒業者や就職経験者も対象です。

さらに、通年エントリーが可能で、説明会や面接はオンラインで受講できるととのこと。間口が広くエントリーしやすいですね。スーツの着用も必須ではありません。株式会社リクルートホールディングスの新卒採用についてはこちら

エントリシートの選考にAIを活用し、統一性を図る

recruit-new-graduates6
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via サッポロビール

サッポロビール株式会社では、エントリシートの選考にAIを活用します。昨年試験的に取り入れたところ、選考時間を40%短縮できたことから、本格的に導入することが決定。

時間が短縮されたことで、応募者とのコミニュケーションの場を増やしたり、応募期間の延長も可能になるとのこと。AIを活用することで、客観的で一貫性のある判断ができれば、双方にそれぞれメリットがありますね。なお、AIから良い評価を得られなかった場合は、従来通り人事担当者の方との面談を経て、合否の判断を行うそうです。

サッポロビール株式会社の新卒採用についてはこちら

面接でAIを導入!

サッポロビールではエントリーシートの選考のみでしたが、AIが面接する企業もあります。株式会社アキタでは、AIを使った採用を実施。株式会社タレントアンドアセスメントの提供するAI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を導入します。

Video: タレントアンドアセスメント公式YouTubeチャンネル

面接のイメージは上記の動画をご覧ください。24時間場所を問わずに採用面接が可能になるので、遠方の方や、他社の選考とのバッティングした方など、やむを得ずエントリーをあきらめなくてはいけない応募者を減らすことが可能になります。

株式会社アキタの新卒採用についてはこちら

VRゲームで「0次選考」

recruit-new-graduates3
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via フェンリル

フェンリル株式会社では、VRによる「0次選考」を実施します。

すべての課題を終えてクリアの証明書を獲得すれば、その後の選考が有利になる”可能性もある”とのことで、実施の合否の有無にどこまでの影響があるのかは未知数。エントリーをすると、会社案内とセットになったオリジナルのVRゴーグルが送られてくるそうです。

フェンリル株式会社の新卒採用についてはこちら

1番運がいい人が一気に役員面接まで進める

テクノロジーとは対照的に、"運"が左右する採用も。株式会社ぱどでは、なんとジャンケンで勝った人が役員面接に進むことができるという、「ジャンケン採用」。「自分は運が良い」と思えるようなマインドを持った人と仕事がしたい、という倉橋社長の想いからこのような選考を実施することになったそうです。

これ以外にも、多様な人材を確保するべくちょっと変わった採用方法を企画しているということで、これからの動向に目が離せませんね。

株式会社ぱどの新卒採用についてはこちら

応募者が面接官を選べる時代に

recruit-new-graduates2
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via 新日本製薬

新日本製薬株式会社では、応募者が面接官を選ぶという「直感面接」を実施。応募者が会社に「選ばれる」のではなく、自らが選んでほしいという思いから、理由から実施しているとのこと。面接官はそれぞれ部署や役職が異なる社員14名が担当します。

同社のウェブサイトにて、一次選考を担当する面接官の写真やメッセージが確認できますので、気になる方は確認してみてはいかがでしょうか。

新日本製薬株式会社の新卒採用についてはこちら




多種多様な採用活動を紹介しましたが、来年はさらに奇抜な採用活動をする会社が増えていくような気がします。気になる採用活動があれば、ぜひエントリーしてみてはいかがでしょうか。

Video: タレントアンドアセスメント公式YouTubeチャンネル

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via JINS,リクルートホールディングス,サッポロビール,フェンリル,新日本製薬

Image: Photographee.eu/shutterstock

マツモトユウキ

swiper-button-prev
swiper-button-next