特集
カテゴリー
タグ
メディア

Twitterのすべてのリツイートを非表示にする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Twitterのすべてのリツイートを非表示にする方法
Image: Daniel Krason/Shutterstock.com

ニュースサイトThe Atlanticの記事によると、Twitterではフォローしている人のリツイートを表示しないほうがよさそうです。でも、記事にはそのやり方までは書かれていませんでした。そこで、そのためのツールを作ったので紹介します。

Twitterではユーザーごとにリツイートのオフを設定できますが、全員分を同時にはできません。とはいえ手動で1人1人設定すると、日が暮れてしまうでしょう。そこで、私の同僚Michael Hertzberg氏が、フォローしている人全員の「リツイートを表示しない」を自動でクリックするスクリプトを書きました。

やり方

  1. https://twitter.com/following」を開き、フォローしている人が全員表示されるまで下にスクロールします(1000人を超えている場合、これに1分近くを要します)。
  2. デベロッパーコンソールを開きます。Chromeの場合、設定メニューの「その他のツール」「デベロッパーツール」にあります。
  3. デベロッパーコンソールの下にあるコマンドラインに、下のコードを貼り付けてエンターを押してください(これにも数分かかる場合がありますが、バックグラウンドで実行できます)。

a=Array.prototype.slice.call(document.querySelectorAll("div.ProfileCard-content div.dropdown"));a.forEach(function(e) {e.querySelector("button").click(); e.querySelector("li.retweet-off-text button").click(); })

全員分できなかった場合、1度に画面数枚分でやってみてください。「フォロー中」ページを開き、少しだけスクロールして、コードを実行するとできます。これを何度も繰り返してください。時間がかかるので、ポッドキャストでも流しながらどうぞ。

残念ながら、新しい人をフォローするたびに、リツイートをオフにしなければなりません。とはいえ、あなたのリツイートは禁止されないのでご安心を。

逆に全員分のリツイートをオンにしたい場合、コード内「"li.retweet-off-text button"」の「off」を「on」に書きかえて実行してください。

理由

前述のAtlanticの記事にあるように、リツイートはクリックベイトや暴力を瞬時に拡散する傾向があります。それらを表示しないことで、あなたのフィードを穏やかに保てるでしょう。ジョークや政治の最新情報が流れてこなくなるかもしれませんが、それもあなたにとっていいことかもしれません。とにかく、あなたのタイムラインが、デフォルトとはまったく違う状態になりますよ。

こういう記事を書くと、必ず「フィルターバブル」についてのコメントをいただきますが、視野を広げるのがTwitterの目的ならリツイートを表示すればいいだけです。自分のフィードを自分の思うようにすることは何も恥ずべきことではありません。すべてのツイートを読む義務なんてものは存在しないのですから。大統領のツイートだって読む必要はありませんよ。新聞やブログ記事だけで十分です。

残念なこと

残念ながら、リツイートの非表示はできても、引用の非表示はできません。

uidpoz8tzmhsw77ehhvw
image: Lifehacker US

ほかにも、「[フォロー中の○○]さんと他2人が[知らない人]のツイートにいいねしました」など、非表示にできないTwitterのイライラはたくさんあります。もちろん、スクリーンキャプチャのツイートを非表示なんてこともできません。フィードを本当に穏やかにしたいのであれば、よく引用されることで有名なアカウントをミュートし、引用の多いツイーターのフォローを解除するといいでしょう

それで不十分なら、ログアウトするしかありませんね。


Image: Daniel Krason/Shutterstock.com

Source: The Atlantic, Twitter

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next