lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

幸せになるために、お金はいくら必要?

幸せになるために、お金はいくら必要?
Image: Andrey Yurlov/Shutterstock.com

幸せになるためには、お金はいくら必要なのでしょうか?

人生で一番大切なものはお金では買えない、と信じている人たちがいます。そうかと思えば、運転手つき高級車の後部座席で数百万ドル規模の取引をまとめているときに最高の喜びを感じる人たちもいます。

この問いに正解はありません。当然のことながら、幸せになるために必要なお金の額は、その人自身やその人の状況・環境によって左右されるからです。食べものやきれいな水、住むところ、ヘルスケアなど「生活に必要なもの」を手に入れる経済的余裕がないのに幸せだという人は、あまりいないでしょう。では、億万長者はみんながみんな、それ以外の私たちよりも幸せなのでしょうか? もちろん、そんなことはありません。お金がすべてではないのです。

しかし、答えを出せないからといって、研究者たちがさじを投げてしまったわけではありません。これまでに発表されてきたいくつかの研究から、アメリカで「幸せのバランスがとれる最適な年収」は7万5000ドルであることがわかっています。そのラインまでは、収入が増えるにしたがって、人は目に見えて幸せになっていきます。そしてそのあと、それを超えると、その人の日々の満足感は頭打ちになります(ただし、だからといってまったく違いがないわけではありません。研究者たちは「収入の増加によって、ライフ評価(自分の境遇に対する、より広い意味での満足感)は高められる」とも述べています)。

この見解をさらに複雑化し、アップデートしたのが、さきごろパデュー大学が発表した研究です。学術誌『Nature Human Behaviour』に発表された研究論文は、「ライフ査定」(自分の現状に対する総合評価。人生に対する満足感。より高い目標や、ほかの人との比較などによる影響を受けやすい)と「心のウェルビーイング」(幸福感やワクワク感、怒り・悲しみなど、その人が日々抱く感情)には、それぞれ異なった「最適な収入レベル」があり、その額は地域によって異なると述べています。

研究の結果、世界全体で見ると、単身者の場合の理想的な年収の額は、「ライフ査定」に関しては9万5000ドル、「心のウェルビーイング」に関しては6万~7万5000ドルであることがわかりました。それを超えると、さらなる収入の増加は人生に対する満足感と幸福感の減少につながるおそれがあるそうです。研究グループは、これらの推定額は単身世帯にのみ当てはまるものであり、家族で構成される世帯ではもっと高くなる可能性があるとも述べています。

今回の研究は、世界164カ国の170万人以上を対象にした「ギャラップ世界世論調査」のデータに基づいています。ご想像のとおり、結果は地域によって異なっています。たとえば、西欧や北米などの裕福な地域では、高収入がより大きな意味を持っています。

ewmwdhcwagsqlp4vijut
Image: Nature Image: Nature Human Behaviour

また、研究グループは『Nature Human Behaviour』の中で、この推定額はそれぞれの国の中でも異なる可能性があると述べています。とくにアメリカのように、区域ごとに生活費が大きく違う国の場合は、異なる可能性が高いでしょう。

では、押さえておくべきポイントは何なのでしょうか? 幸せになるために一定レベルの収入が必要なことはたしかです。しかし、幸せが、収入以外の実にさまざまな要因に左右されることも事実です。住んでいる場所も関係してきます。また、心のウェルビーイングは、人生全体に対する満足度とはまた違った尺度です。

何より重要なのは、形ある物品の所有や家のグレードアップにいくらお金を費やしたところで、今よりも幸せにはなれないということです。今回の論文の筆頭著者であるAndrew Jebb氏は、ニュースサイト「Mic」で、幸福感を高めたければ、自分以外の人々にもっと目を向けるべきだと語っています

「人には、お金をほかの人のために使うと幸福感が高まる傾向があるのです」とJebb氏は語っています。


Image: Daniel Krason/Nature Human Behaviour

Source: EurekAlart, Mic

Alicia Adamczyk - Lifehacker US[原文

訳:阪本博希/ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next