特集
カテゴリー
タグ
メディア

ブラウザが遅いときはGoogle Chrome内蔵の「タスクマネージャ」が便利

  • カテゴリー:
  • TOOL
ブラウザが遅いときはGoogle Chrome内蔵の「タスクマネージャ」が便利
Image: Evan Lorne/Shutterstock

ウェブページが凍ったら、それは厄介な「死んだタブ」の前兆です。それだけでも本当に腹立たしいのですが、原因がわからないとなおさらイライラしてしまうのが人情です。テクノロジー系ニュースサイトのGhacksによると、メモリーとプロセッサーのパワーを浪費している原因をつきとめるには、Google Chromeに組み込まれている「タスクマネージャ」を使うのがいいそうです。

Google Chrome内で走っているプロセスを見るには、オプションアイコンを選択し「その他のツール」>「タスクマネージャ」の順にクリックします。タスクマネージャでは、開いているすべてのタブ実行中の拡張機能、それぞれが使用しているメモリーとCPUパワー、さらには送受信中のネットワークデータが表示されます。Chromeが全体的な動作をスムースにするために使っているGPUパワーの使用量など、セカンダリープロセスも確認できます。

n3ihz99ggg6shmlhbevn
Screenshot: Lifehacker US

驚くのが、拡張機能の「メモリ使用量」。1つや2つの拡張機能だけならまだしも、10個以上を同時に使っていると、かなりのRAMを消費していることがわかります。これを減らすには、インストールしている拡張機能の数とその使用頻度を考慮して、取捨選択するしかありません。手持ちの拡張機能をすべて使っている人は、まずいないと思います。


Image: Evan Lorne/Shutterstock

Source: Ghacks

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next