lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

コインもSimカードも入る極薄財布「Mark Bifold」を使ってみた

machi-ya

コインもSimカードも入る極薄財布「Mark Bifold」を使ってみた
Photo: 島津健吾

キャッシュレス化が徐々に進み、薄型の財布を持ち歩く人も増えてきました。しかし、「もっと薄くしたい」「何かが違う」と財布に対して違和感がある人もいるのではないでしょうか。

現在姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディング中の「Mark Bifold」は、シンプルで洗練された極薄の財布。iPhoneと同程度の厚さでありながら、カード、お札、小銭、Simカードを収納可能とのこと。

しかし、実際どの程度使えるのか? 実物が手元に届いたので、使用感をお伝えしたいと思います。

とにかく薄い財布「Mark Bifold」

IMG_0038
Photo: 島津健吾

Mark Bifoldを最初に見たときの気持ちは、とにかく薄いということ。iPhoneと一緒に持ち歩いても、その存在を邪魔に感じることがなく、日常に溶け込んでいるような感覚でした。

厚さは、何も入れていない状態でiPhoneと同じ程度。iPhoneと重ねても、手のなかにしっかりと収まるサイズです。

IMG_0053
Photo: 島津健吾

そのスリムなボディは、さまざまなポケットに馴染みます。スーツの胸ポケットにいれても膨らまないのはうれしいところ。もちろん、ジーンズのポケットにもスムーズに入りました。

IMG_0052
Photo: 島津健吾

収納面でいえば、カードは内側に2枚。外側に4枚の計6枚を持ち運べます。カード類の持ち運びが多い人は、最低限必要なカードのみMark Bifoldにいれ、そのほかはカードケースにまとめていれておくのがいいでしょう。また、SimカードやSDカードを入れるスロットも2つついていますので、海外出張で何枚もSimを使う人にもこの財布は使いやすいはずです。

お札に関しては、紙幣6枚を折りたたんで入れられました。

IMG_0046
Photo: 島津健吾

ちなみに内側には、コイン専用のスペースがあります。薄さ重視ですので、そこまで量は入りませんが、数枚程度のコインなら問題なく入りましたよ。

私もさまざまな薄型の財布を使ってきましたが、やはりコインが一番スペースをとります。スペースがあればあるだけコインをいれてしまうので、ここは数枚程度が入るスペースで十分だと思いました。

IMG_0020
Photo: 島津健吾

裏側はカードがスロットが2つあり、それぞれ2枚ずつ入れられます。SuicaやPasmoを入れておけば、駅の改札を通過することもできますよ。

IMG_0063
Photo: 島津健吾

また、三宝社製ミニボールペンがついてきます。コンパクトサイズでかわいい。

IMG_0062
Photo: 島津健吾

お財布と常に携帯することで、飛行機で入国カードを書くときやメモをしたいときにも困ることはないでしょう。

2種類の素材と4種類のカラー

00cd69fd1d5907903fd8daaf446efcd5_original
Photo: machi-ya

素材は、オックスフォードキャンパス(上2つ)とレザー(下2つ)。オックスフォードレザーは少しざらっとした手触りが特徴。ポリエステルを使っているため耐久性が高く、長く愛用できるでしょう。

IMG_0004
Photo: 島津健吾

一方レザーに関しては、肌触りがよく手に馴染む感覚があります。ビジネスシーンで使うのに向いている素材です。

総じていえば、薄く必要な機能があるお財布でした。コンパクトでありながら、ビジネスシーンで使える大人っぽさもあるのがポイントかなと思います。従来のコンパクトな財布は、ビジネスで使えるプロフェッショナルさがありませんでしたが、Mark Bifoldはどんなシーンでもスマートに使えるお財布です。

Mark Bifoldは、現在machi-yaで支援を募集しています。1つ7800円とお手頃な価格帯ですよ。

今まで薄いお財布でいいものがないと悩んできた人は、試してみてはいかがでしょうか。

>>シンプルで洗練された極薄財布「Mark Bifold」の支援はこちらから

Image: machi-ya, 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next