lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

Androidスマホで「Googleレンズ」を使う方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Androidスマホで「Googleレンズ」を使う方法
Screenshot: Google

Pixel(Googleが開発したスマートフォン)以外のAndroidユーザーに朗報です。

写真を撮るとそれが何かを教えてくれる「Googleゴーグル」が公開されてから、10年あまりが経ちます。昨年、これを大幅に改良した「Googleレンズ」が発表されると、Googleゴーグルは基本的に廃止となりました。しかし、これまで新しいGoogleレンズを利用できるのは、Pixelユーザーに限られていました。

でも、それも過去の話。

先日Googleは、GoogleフォトにGoogleレンズを統合し、Androidユーザーの多くがこの便利な画像認識技術を利用できるようになりました。その後まもなく、iOSにも対応しました。

GoogleアシスタントからGoogleレンズを使うほうが少し簡単ですが、Googleフォトからレンズを使うのも難しくありません。標識や本の表紙、名刺などを写真に撮って、Googleフォトにアップするだけ。

画面のGoogleレンズアイコンをタップすると、Googleが画像をスキャンし、認識した情報にもとづいて関連情報が表示されます。必要に応じて、追加の操作ができるプロンプトも表示されます。

たとえば、Googleレンズを使って名刺をスキャンすると、記載されているメールアドレス、電話番号、肩書などの情報が自動で認識されます。あとはタップを1回するだけで、これらの情報をスマートフォンの連絡先に追加することが可能。面倒な入力作業が不要となります。

また、Androidで友人のWiFiルーターに記載されているログイン名とパスワードを撮影し、GoogleフォトからGoogleレンズを使えば、複雑な文字列を手動で入力する必要がなくなります。ほかにも、花の名前を調べたり、出された料理が何なのかを調べたりするのにも使えます。

旅行中なら、歴史的建造物を撮影してそれが何かを調べたり、芸術作品を撮影して作者の情報を取得したり、レストランのレビューをチェックする、なんて使い方もできるでしょう。

Screenshot:Lifehacker US via Google

Melanie Pinola - Lifehacker US[原文

訳: 伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next