lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

日本を旅行する外国人に欠かせない必需品トップ10

日本を旅行する外国人に欠かせない必需品トップ10
Image: Patrick Allan/Lifehacker US

外国人にとって、初めての海外旅行で訪れるのに日本は最適な場所のようです。欧米とはまったく違う雰囲気でありながら、とても身近な国でもあります。最近、日本を旅行した私が、日本旅行を通じて学んだ、外国人にとって日本旅行で欠かせない必需品を紹介します。

初めて日本を旅する外国人がいたら、以下のものは準備したほうがいいと教えてあげてください。

ハンカチ

日本には、トイレでもペーパータオルがあるところが少ないです。多くのレストランでは、布のナプキンもないところがほとんどなので、洗って使いまわせる普通のハンカチを持ち歩かなければなりません。ありがたいことに、観光地ではすてきなハンカチを売っているお店がたくさんあるので、日本で買うのもおすすめです(逆に、アメリカではハンカチを買おうと思ってもなかなか見つからないので、日本から持っていきましょう)。

現金

クレジットカードは、デパートやショッピングモールのお店(特にブランド店)や、セブンイレブンでは使えますが、それ以外の場所では現金がないと困ります。屋台でおいしそうなものを食べたり、路地裏のこじんまりとしたラーメン屋さんに行ってみたり、露店で手作りの雑貨を買ったり、どんなレストランやお店にも行きたいという場合は、現金を大量に持ち歩きましょう。たくさんの現金を持ち歩いても、日本は非常に安全なのでご心配なく。

小銭入れ

現金を持ち歩けば、お札はすぐにジャラジャラと小銭になりストレスになっていきます。つまり、大量の硬貨を持ち歩くためのものがいるということです(アメリカでは1ドルや5ドルはお札ですが、それが硬貨になったらどうなるか想像してみてください)。

というわけで、小銭入れは必須です。大きなものでなくてもいいですが、たくさんポケットがついている財布でも、小銭をまとめて持ち歩けるとストレスがかなり軽減されます。おまけに、日本は小銭入れをテーブルの上に置いてもすぐに取られたりしない、夢のような国です。

ビニール袋

東京には路上にゴミ箱が10個しかありません。もしゴミ箱を見つけたらラッキーです。というのは少し大げさかもしれませんが、それくらいゴミ箱をあまり見かけません。つまり、ゴミが出たら、ゴミを捨てられる場所(ホテルやコンビニ)まで持ち歩かなければならないということです。

持ち歩く時に、匂いがしたり、液体がこぼれたり、何かが潰れて洋服に飛び散ったりしないように、口が閉じられるビニール袋がいいでしょう。ゴミというのは、ほとんどがお菓子や食べ物のパッケージや、飲み物の空きペットボトル・瓶・缶だと思います。できることなら、買った場所の近くで食べたり飲んだりすれば、そこにあるゴミ箱に捨てることができます。日本では、食べたり飲んだりしならが歩き回ると、ひんしゅくを買うこともあるのでご注意を。

交通ICカード

日本全国で様々な鉄道やバスの会社がサービスをしていますが、PasmoやSuicaのようなチャージできる交通ICカードは、ほとんどの公共交通機関で使うことができます。交通ICカードにお金をチャージして、常に持ち歩きましょう。また、このICカードは自動販売機やコンビニでも使えることが多いです。もしくは、ゲーム好きならゲーセンでも使えますよ。

スマホ

言うまでもないと思いますが、スマホなんて要らないと思っている人がいるかもしれないので、念のために言っておきますが、スマホは必要です。頻繁には使わないかもしれませんが、マップで方向を確認したり、電車や地下鉄のスケジュールの乗り換えやスケジュールをチェックしたり、大事な会話が通じない時に翻訳ツールを使ったりしました。

ポケットWi-Fi

別料金を払えば、日本でもいつも通りにスマホを使うことはできますが、正直言って高いです。持ち歩いてどこでも使えるポケットWi-Fiを借りた方が安上がりです。それに、何人かで旅行する場合は、ひとつのポケットWi-Fiをみんなで使えます。ポケットWi-Fiを借りる期間は5〜150日間から、どこでも借りることができて、到着する日に合わせてホテルに届けてくれるところもあります。使い終わったら返却用の封筒に入れて、そのまま郵便ポストに投函するだけです。これ以上便利なものはないと思うほどおすすめです。

携帯バッテリー

スマホやポケットWi-Fiを1日中使い続けなければならない場合は、携帯バッテリーも一緒に持ち歩きましょう。

会話集

日本だけでなく、旅行する前にその国の言葉を少し勉強するのはとてもおすすめです。スマホの翻訳ツールに頼りっぱなしにならずに(バッテリーが切れた時も)、旅行者として異国や異文化に対する興味と敬意を示すことができます。日本語(現地の言葉)で話しかけたのに、英語で返されることがよくあることも知っていますが、それでも日本語で話しかけてみるのはいいと思います。会話集がかさばる場合は、使いそうな言葉をいくつか書き留めて、持ち歩いてもいいでしょう。

パスポート

普段は、海外旅行中も街中を歩き回る時はパスポートは持ち歩きませんが(コピーだけです)、日本では買い物のために持ち歩いたほうがいいです。日本では、外国人が税抜き5000円以上買い物をすると免税されますが、手続きでコピーではなくパスポートの現物が必要になります。


Image: Image: Patrick Allan/Lifehacker US

Source: Japan Rail Pass

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next