特集
カテゴリー
タグ
メディア

旅行中の荷物を「機内持ち込み手荷物」だけにしぼる方法

旅行中の荷物を「機内持ち込み手荷物」だけにしぼる方法
Image: Vitalii Matokha/Shutterstock

アイスランドからイギリスに向かう飛行機に搭乗しようとした男性が、機内預け入れ手荷物の料金を倹約する目的で、手持ちの服を全部着ていたせいで搭乗を拒否されたという事件が最近ありました。これはトラベルハックとしてはとんでもない試みです。彼は、搭乗ゲートでは問題ないと言われたと主張していますが、たとえ搭乗を許可されたとしても機内ではずっと悲惨な思いをしたはずです。皆さん、くれぐれも真似をしないでくださいね。

こんなトラベルハックは実践すべきでない理由は、数えあげればきりがありません。搭乗させてもらえなくても当然です。航空会社や空港の職員が「この人、何だかわからない怪しげなものを何kgも身につけて密輸しようとしているのかな」と思ったら、搭乗を許可するでしょうか? これほど怪しく見える人間はいませんよ。さらに、フライト中は恐ろしく不快になるでしょう。5枚も服を重ね着していたら、ゆだってしまいます。どんなに送風を最大にしても、蒸し焼き状態になってしまうでしょう。何よりも、馬鹿みたいに見えます。

機内に荷物を預けるのがそこまで負担になるなら、次のような対策をお勧めします。

・ 緊急時用のお金を準備しておく:Ryan Carney Williamsさんは、冒頭で紹介した搭乗拒否された男性ですが、彼は、追加料金を払う経済的余裕がなく、「搭乗できないとアイスランドでホームレスになってしまっただろう」と言います。

旅行をする際は、どんな急な出費が発生するかわかりません。ホテルに予定外の延泊をすることになったり、思いがけず高い交通費がかかったり、想定外の機内預入手荷物料金が発生したりすることがあるので、緊急時の出費に備えた予算を組みましょう。

・ 荷物は少なめにする:機内預入手荷物に入れてあるものは本当に全部必要なのでしょうか。多分違いますよね。旅先では、少ないワードローブをうまく組み合わせて着回し、洗濯もすることにして、上手にキチキチにパッキングすれば、荷物が小さくなって、機内持ち込みの手荷物だけで済みます。

・ かさばるものは身につけて搭乗する:コート、靴、その他のかさばるものは、身につけて搭乗しましょう。そうすれば、機内持ち込み手荷物だけで飛行機に乗れる可能性が高くなります。

・ 搭乗ゲートで荷物を預けるようにする:搭乗ゲートでは、荷物を無料で預けられることが多いです。航空会社のデスクに行って聞いてみましょう。航空会社としても、そこで荷物を預けてもらったほうが搭乗手続きが簡単になるので、OKすることが多いはずです。

いざというときのために、ちょっと計画的になっておくと先々助かるものです。ここでご紹介したトラベルハックを活用して、どうぞ良い旅をしてください。


Image: Vitalii Matokha/Shutterstock

Source: The Washington Post, Twitter

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next