特集
カテゴリー
タグ
メディア

人前で緊張せずにうまく話すコツは「体験談」を織り交ぜること

人前で緊張せずにうまく話すコツは「体験談」を織り交ぜること
Image: Matej Kastellic/Shutterstock

人前で話すのは大変です。いつも人前で話している人でも、緊張してしまうものです。とはいえ大事なプレゼンやスピーチはやってきます。その場にいる全員が間違いなく自分を助けてくれると想像する、緊張をほぐす昔ながらのコツがありますが、Fast Companyでは、「体験談」を入れ込むことで人前で話す緊張に打ちかつという別の方法を紹介していました。

人前で話すことに長けているという人はあまりいないと思いますが、体験談を話すことなら得意な人はいるでしょう。このアドバイスは、人前で話す内容やプレゼンに関係ある個人的な話を入れ込むと、話しながら落ち着くことができ、聞き手の印象に残るような話ができるのです。

基本的に、人前で話すよりも、日常生活の中で自分の体験談を話したことは何度もあると思います。ですから、何もしなくても誰もがある程度は自然と上手くなります。落ち着いて自分の体験を話していれば、多くの人に話を聞かせる自信も持てるようになります。また、体験談のお陰でプレゼンやスピーチで話す内容全体が自然な構成になり、自分が知っている話なので、途中で混乱したり脱線したりしません

何でも話せばいいというものではなく、プレゼンやスピーチなどで話す内容のテーマに関連した体験でなければなりませんが、適切な体験談があれば、プレゼン自体に個人的な色合いを加え、その時の主題が聞き手にもとても関連していると思わせることができます。

個人的な体験談というのは、パワーポイントの大量のスライドよりもはるかに思い出しやすいので、大量のスライドの内容を覚える必要がありません。つまり、よりリラックスして臨むことができ、一般的にプレゼンというのは自然であればあるほど説得力が増します。


Image: Matej Kastellic/Shutterstock

Source: Fast Company

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next