特集
カテゴリー
タグ
メディア

目標を達成するコツは、相棒を作ること

目標を達成するコツは、相棒を作ること
Image: US Army/Flickr

どんな目標も、相棒を作ると達成しやすくなります。その点、フィットネスの目標も例外ではありません。でも、一緒にワークアウトする必要はないんです。相棒をサポートしたいときは、次のことを試してみましょう。

  • 時間を作ってあげる:相棒に子どもがいるなら、子守をしてあげましょう。これはカップルの場合も大切なことです。私の夫は進んで子どもの世話をしてくれます。「いいよ、行っておいでよ」と渋々言われるより、私はずっとランニングに出かけやすくなります。
  • 褒めて励ます:相棒のワークアウトの自撮り写真を褒めて、こちらが大いに興味を持っていることを示しましょう。一緒に30㎞もランニングする必要はありませんが、ブランチを共にして、相手の努力を褒めたたえましょう。
  • リマインドする:もちろん口うるさく言ってはダメです。相棒と話し合った計画をいつも念頭においておきましょう。相棒がモーニングコールで起こしてもらわないと、早朝スイミングに行けないというなら、電話で起こす役目を買って出ましょう。

社会心理学的観点から目標設定について研究しているEd Orehekさんは、人間は、他人の目標達成をサポートすると、自分も気分が良くなるものだと言います。サポートを受ける人は、目標達成の可能性が高くなるだけでなく、サポートしてくれる人のことを、ますます良い友人だと思い、一緒にいて楽しく感じるようになります

こちらがサポートをお願いする側の場合は、お返しができなくても心配無用です。人間は自分の手柄を評価される以上に他人を助けたいと思うものだとOrehekさんは指摘しています。サポートをお願いするのにふさわしい人を見つける秘訣は2つあります。

1つ目は、本気でサポートしたいと思っている人を選ぶこと(無理強いはダメです)。2つ目は、効果的にサポートできる人を選ぶことです。たとえば、早起きの習慣がない人にモーニングコールを頼んではいけません。相手は、「やってあげるよ」と言うかもしれませんが、約束を果たせないと罪の意識を感じたり、疲労困憊してしまうでしょうから。


Image: US Army/Flickr

Source: Ed Orehek

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next