特集
カテゴリー
タグ
メディア

山崎12年は誰もが満足する。NYのバーの店主がおすすめする10のウイスキー

山崎12年は誰もが満足する。NYのバーの店主がおすすめする10のウイスキー
Image: Patric Allan

私がPatrick Marran氏に出会ったのは、寒い12月の夜のニューヨークでした。ロックフェラーセンターにツリーを見に集まった群衆をかき分けるのをあきらめたガールフレンドと私は、どこかで一杯飲みたい気分になっていました。人混みを避けて49thストリートを抜け、10thアベニューの角を曲がったところにそれはありました。私たちの安息の場所、ウイスキー・バー「On the Rocks」です。

On the Rocksが掲げる目標はシンプルです。訪れた人に今まで飲んだことがないウイスキーを試してもらうこと。Marran氏は来店した客に、いままでどんなウイスキーを飲んだことがあるか、どれが好きだったかを尋ね、その人の予算に合ったよりおすすめのウイスキーを出してくれます。言われるままに名前も知らなかった日本のウイスキーとアメリカ産のライウイスキーを何杯か試し、Marran氏を完全に信頼した私は、世のウイスキーファンたちのために、有益な助言をいただけないだろうかと頼んでみました。

1. Maker’s Mark(メーカーズマーク)が好き? では、W. L. Weller Antiqueを

多くの人が、バーボンの原料比率について、あまりよく理解していません。Marran氏は、Maker’s Markは「小麦バーボン」というカテゴリーに入るのだと説明しています。蒸留プロセスで使われる原料のうち、51%以上を占めるトウモロコシを除いて、小麦が最大の比率を占めるものをそうよびます

小麦バーボンはとても滑らかで、飲みやすいウイスキーです。Buffalo Trace DistilleryのW.L. Weller Antique(Old Weller Antique)は、Maker’s Markのファンにとって完璧なステップアップであり、あの神秘的なPappy Van Winkleへと進むための大きな一歩でもあります。どちらのウイスキーもそれほど高価ではありません。ボトルが30ドル前後で入手可能です。

2. Macallan 12(マッカラン12年)がお好き? では、山崎12年を

日本人は何十年も前から、筋金入りのスコッチ愛飲家も無視することができない、すばらしいウイスキーを作っています。Marran氏は、スコッチを求める客に「山崎12年」を出せば、ほぼ間違いなく満足してもらえると言っています。私自身も山崎12年を何本か所有していますが、その優れた品質は疑うべくもありません。山崎のボトルは100ドル前後で購入できます。

3. Jameson(ジェムソン)がお好き? では、Green Spotを

Marran氏は、シングルポット・スティル・ウイスキーを、ブレンド・アイリッシュ・ウイスキーとスコッチウイスキーの橋渡しに位置づけています。Mitchell & SonのGreen Spotは、レギュラーブレンドのウイスキーから一つ階段を上がるにはうってつけの手頃なウイスキーです。Marran氏は次のように言っています。

バーにやってくるあまりに多くのお客様が、アイリッシュ・ウイスキーをやや劣るものと見なしています。それは7月に雪が降るぐらい間違っています。私は、人びとの誤解を打ち砕くためによくこのウイスキーを使います。

もう少し値が張ってもいいなら、「Midleton Redbreast」も良い選択肢です。Green Spotのボトルは70ドル前後で購入できます。

4. Bulleit Bourbon(ブレット・バーボン)がお好き? では、Michter’s US 1 Bourbonを。

Bulleit bourbonは人気があり、多くの人が最高のウイスキーだと考えていますが、Marran氏によると、Michter’s US 1 Bourbonのほうが少しだけ味のバランスが良いとのことです。

価格は少し上がりますが、マッシュビルにおける高いトウモロコシ比率が「ウイスキーの問題」であると知っているバーボンファンにとっては理想的なお酒だとMarran氏は言っています。ウイスキー教育に興味があれば、このアメリカ産ライウイスキーを飲んで、味がどう変わるかをたしかめてみることをおすすめします。Michter’s US 1 Bourbonのボトルは50ドル前後で購入可能です。

5. Four Roses Yellow Labelがお好き? では、Sons of Liberty Uprisingか、Stranahan’s Yellow Labelを

「スーパースムース・ウイスキー」が好きな人は、バーボンではなくアメリカ産のシングルモルト・ウイスキーを試すといいとMarran氏は言っています。「Sons of Liberty Uprising」と「Stranahan’s Yellow Label」は、どちらも若いフルボディのウイスキーで、飲み口はスムースです。Sons of Liberty Uprisingのボトルは50ドル前後で、Stranahan’s Yellow Labelは60ドル前後で購入できます。

20180128-whiskey02
Image: Patrick Allan

6. Laphroaig 10(ラフロイグ10年)がお好き?では、Bruichladdich Octomoreを

Marran氏によると、Laphroaigのスコッチはピーティー(スモーク)ウイスキーの入門として最適ですが、アイリッシュウイスキーにもいいものがたくさんあるそうです。

Bruichladdich Octomore」は、最高のスモークウイスキーで、蒸留酒が芸術的な味わいを演出しているすばらしいお手本の1つです。Marran氏は、ストレートか、数滴の水で割って飲むことをすすめています(アイスキューブ1つでは水が多すぎる)。Bruichladdich Octomoreのボトルは60ドル〜80ドルで購入できます。

7. DewarsやJohnny Walkerが好き?では、The Shackleton Whiskeyを

このブレンド・スコッチは、コマドリの卵のような青色の箱とラベルが特徴です。Marran氏は「The Shackleton Whiskey」を、シングルモルトのような味に「デザイン」されたブレンドウイスキーだと表現しています。シングルモルト・ウイスキーへ移行する入り口しとして最適なウイスキーです。フルボディですが、舌触りはスムースで、飲みやすくなっています。さらに、面白い歴史もあります。このウイスキーは、1907年、サー・アーネストのの南極探検に同伴しました。The Shackleton Whiskeyのボトルは40ドル前後で購入できます。

8. Old Overholt(オールド・オーバーホルト)がお好き? ではRagtime Ryeを。

ライウイスキーのファンなら、ベーシックなライウイスキーから、この3年もののライウイスキーに変えるだけで、大きな違いに驚くことでしょうとMarran氏は言っています。New York Distilling Companyの「Ragtime Rye」は、9つの蒸溜所が75%のライウイスキーを生産するというニューヨークの新しいウイスキームーブメントの一環で生まれたお酒です。Marran氏が言うとおり、Ragtime Ryeは「本物のライウイスキー」への入り口となるお酒です。ボトルを45ドル前後で購入できます。

9. Bulleit Rye(ブレット・ライ)がお好き? では、WhistlePig Farmstockを

Marran氏によると、Bulleit Ryeが人気がある理由は、価格が手頃で、学生時代に馬鹿なウイスキーの飲み方しかしていなかった人が、まっとうなウイスキーの世界に入る入口となるものだからだそうです。芳醇なウイスキーがが好みで、ライ麦の風味をしっかり味わいたいなら「WhistlePig Farmstock」がベストな選択です。バニラとハニートーストの香りがして、ボトルが90ドル前後で購入できます。

10. 山崎12年をもう知っている? ではAmrut Single Malt Cask Strengthを。

すでに山崎の偉大さを味わったことがあるなら、「Amrut」が新しい友となるでしょう。Marran氏は、すべてのウイスキー愛好家が試すべきお酒だと言っています。

もっとウイスキーに詳しくなりたい人も、ただ異国のシングルモルトを集めるのが趣味だという人も、なぜこれほど多くの企業がスコットランド発の大麦を使ったこの製法を試そうとしているのかを知るためには、このインドから来たシングルモルトを避けて通ることはできません。

Amrutのウイスキーは、ほかのものに比べて少し若いですが、香り豊かで、数々の賞も受賞しています。手に入れるにはおそらくオンラインで注文する必要があるでしょう(ボトル価格が60〜100ドル)。友人たちにも自信を持って薦められる、最高に美味しいインターナショナルなウイスキーです。

結論から言えば、どんなウイスキーを選んでも間違いではありません。Marran氏は、「悪いウイスキーというものはありません。ただ、予算に応じてさまざまな選択肢があるというだけです」と言っています。今飲んでいるウイスキーを気に入っているなら、無理に変える必要はありません。ウイスキーの地平を少し広げてみたいなら、上のおすすめを試してみてください。


Image: Patric Allan

Source: The Bar Rover, Buffalo Trace Distillery, Suntory, Mitchell Anderson, Redbreast Whiskey, Michter's Whiskeys, Sons of Liberty Spirits Co., Stranahan's, Bruichladdich, Shackleton, WhistlePig Rye Whiskey, Amrut Whisky

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next