lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

新生活特集ーHACK NEW LIFE

人生や物の見方が変わる「初心」のすすめ

人生や物の見方が変わる「初心」のすすめ
Image: imtmphoto/Shutterstock

2017年6月15日の記事を再掲載しています。

Pick The Brain:この世には、初心者を好ましく思わないような風潮があります。求人では、初心者レベルの仕事でも、4年以上の経験を求められることが多いです。スポーツチームでも、新人は失敗したり、勝利に貢献しなかったりするので、歓迎されません。

初心者は濡れ衣を着せられることもよくあります。そのせいで、多くの人がたくさんの素晴らしい人生経験を逃しています。

外部から苦情が来ていない時でも、初めてのことで失敗したら自分を責めます。「馬鹿みたい。なんでこんなことしてるんだろう?」というようなことを言います。そして、その過程で学んだり成長したりする前にやめてしまいます。今回は、初心者であることの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

初心の受け入れ方を学ぶ

初心者の心には多くの可能性がある。熟練者の心にはほとんどない。

──鈴木俊隆

これは禅宗における初心の考え方で「初心」と言われているものです。基本的に初心とは、ある世界の入口に立った時、自分に慢心がないかを確認し、慢心があればそこに置いていく、という意味です。そのことに関する予想や自分の意見は捨て、無心になってそれに取り組み、心を開き、常に学ぶべきことがもっとあるということを理解します。

この初心の考え方は、新しいことを学ぶ時だけでなく、日常生活でも同じように応用することができます。自分の行動にもっと意識的になったり、気を配ったりするという意味です。自分が正しくやっているかどうかを考えるだけでなく、まったく初めての時のように、それを経験し、楽しむことでもあります。

今朝、私は朝食にほうれん草のオムレツに、フルーツをアボカドを添えたものを食べました。その美味しさを噛みしめ、その食事をするのに必要なすべてのことを考えるのに、少し余計に時間をかけました。食べ物は、文字通り地面から育ち、収穫され、包装され、運送され、それを私が買い、最終的にお皿に乗るまで、特別な方法で調理し、準備をしました。どれくらいの頻度で立ち止まり、それがどんなに素晴らしいことかを考えていますか?

私は今日は素晴らしく幸せだと感じました。それは偶然ではないと思います。

初心を持つことが素晴らしい4つの理由

誰もが初心という考え方を受け入れたら、多くの苦痛、ストレス、不幸を回避することができます。初心を持つようにした方がいい理由はたくさんあります。今回はその中でも気に入っている4つの理由をご紹介します。

理由1:不安が減る

不安は、私にはとてもよくある問題です。高校を卒業して大学に進学するのに、何年間も悩んできました。今は、不安は良いものだと思っています。不安は、危険なものを浮かび上がらせ、自分の身を守るためのものです。問題は、私たちの先祖と違って、危険なものや脅威というものを毎日経験しないことです。

不安をこじらせたり、不安に生活や人生を支配されると、悪化するだけです。普通は、不安を完全に排除しようと極端な行動に出ますが、それは正しい対処の仕方ではありません。それよりも、不安を受け入れ、自分なりのやり方で対処する方法を学ばなければなりません。対処の方法はたくさんあります。

初心も、あらゆる状況で不安を鎮める方法のひとつだとわかりました。例えば、仕事の大事なプレゼンの前に不安にさいなまれそうになったら、今の瞬間を味わい、事の成り行きがどうなるかを興味本位で考えるようにしました。うまくプレゼンができれば最高です。うまくできなかったら、少なくともそこから何かを学ぶでしょう。

不安は恐怖と共にあります。初心のような考え方を通して恐怖心を取り除くと、不安はそんなにパワフルなものだとは思わなくなります。

理由2:もっと楽しくなる

いつでも初心者として心を開いて活動に取り組めば、もっと楽しくなります。例えば、チェスを始めたばかりだとします。初心者の立場から見ると、まったく新しいことを学ぶことのワクワク感を楽しめます。チェスの経験がある場合でも、心を開いていれば、多分それまで気づかなかった面白いことを発見するでしょう。

この世には本当の専門家はほとんどいない、自分より少し上手い人がいるだけだ、ということを思い出すことが大事です。どんな分野でも、いつでも学ぶべきことはたくさんあります。

最高の医者というのは、最新の技術や研究に通じている人です。人気のない医者は古いやり方に固執し、より良い可能性のある新しい医療や技術を却下します。

退屈なルーティンにはまっている場合は、状況を改善するのに2つの選択肢があります。まったく新しいことをするか、とてもシンプルなことでも驚く子供のように、初心者目線で別の見方をするかです。そうすれば、ルーティンもそこまでつまらなく思わなくなります。

理由3:習慣化する力になる

良い習慣を身につけるのに一番大変なことは何でしょう? 習慣化するくらい十分長く続けることです。

この一番の理由がルーティンです。何度も繰り返していると、ルーティンがつまらくなったり、完全に飽きてしまったりします。前述の理由2で学んだように、初心によってルーティンを再び楽しく感じることができ、習慣化するのがより楽になります。

また、うんざりしたり、やめたりしていると、習慣は身につきません。初心によって、嫌なことを受け入れやすくなり、習慣化する過程に楽しみを見出すことができます。

最近、私がストレスが溜まっている時に、「ダイヤモンドは圧力をかけられてできる」というJoe Roganの言葉を聞いて励まされました。どんな瞬間も、初心でいればプレッシャーを和らげることができます。

理由4:たくさんの良い人付き合いができる

人間というのは複雑で、人はそれぞれ違います。私たちは、同じような価値観や考え方を持っている人に引き寄せられる傾向がありますが、それでは付き合う人の数がかなり限定されます。

誰かと話していて、その人の考え方や物の見方にイラッとしたら、少し立ち止まって、自分の視点を変えてみましょう。相手の立場にたって物事を見てみます。自分の考え方と合わない人や物を排除するのではなく、心を開いて、なぜそのように考えるのか興味を持ちましょう。

自分の考え方や、自分の本質を変える必要はありません。しかし、他人の意見を聞いたり、受け入れたりすることで、もっとたくさんの友だちができます。多少間違っていたとしても、悪気のある人は多くありません。一人を理解するだけで、人生が変わることもあります。

個人的には、初心を実践した方がいい人に関するLeo Babautaの考え方が好きです。「嫌なやつが好きな人はいない。心を開き喜んで学ぼうとする初心者は、嫌なやつから最も遠い」。

どこから始めればいいのか?

できれば、この初心を少なくとも一度は試してみて欲しいところです。何の努力もなしに、今すぐ始めることもできます。自分がやっていることで、何かに気付くために少し時間を取ってみるだけです。

たとえば、私の場合は、開発に何年もかかった技術を元にした機械によって作られた、ノートパソコンのキーボードを叩いています。ここに座りながら、私の指の動きに合わせて画面に文字が表示されます。これがすごいことだと思わなければ、どうしようもない馬鹿です。

何かに気付き始めたら、新しいものでも、古いものでも、自分がやっている活動や行動に、もっと意識的になりましょう。初心になることで、自分の見方がいかに変わるか、いかに幸せを感じるかに驚くはずです。

Image: imtmphoto/Shutterstock

Jason Gutierrez - Pick The Brain

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next