lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

飛行機の遅延によるストレスが軽減されそう。Googleフライトに遅延予測機能が追加

  • カテゴリー:
  • TOOL
飛行機の遅延によるストレスが軽減されそう。Googleフライトに遅延予測機能が追加
Image: TheeErin

あなたは空港で2時間待っていました。軽食も買ったし、あとは飛行機に乗り込むだけ。ただ、1つだけ問題が。飛行機が来ないのです。すでに乗客は全員ここにいるのに…。フライトの遅延はほんとうに苦痛ですが、『Googleフライト』の最新版が、この痛みを和らげてくれそうです。

最近Googleが、フライト検索ツール『Googleフライト』に新機能を追加。ベーシックなエコノミー運賃にどんなアメニティーが「含まれていない」かを調べることができるようになりました。検索結果では運賃に加え、その運賃に何が含まれ、何が含まれていないかを確認することができます。多くの航空会社が、座席以外のほとんどすべてを有料化している昨今では、大変便利な機能です。現在のところ、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空でこの機能を使うことが可能。

20180202-googleflight02
Image: Lifehacker US via Google Flights

また、フライトの遅延情報もわかるようになりました。これまでも、Googleアシスタントを使えば、フライトの遅延に関する通知を受け取ることができましたが、これからはGoogleフライトを見れば、遅延状況のほかに、天候や到着遅れなど、遅延理由も確認することが可能。

さらに注目なのは、Googleフライトが遅延の可能性を予測してくれるということ。Googleは次のように言っています。

当社の機械学習アルゴリズムは、航空会社から遅延に関する情報が得られないときでも、過去のフライトデータを使用して、遅延を予測することができます。ただし、遅延フラグが立てられるのは、80%以上の確信度があるときだけです。空港へは十分な時間的余裕をもって行かれることをお勧めしますが、Googleフライトをお使いいただくことで、少しでも皆様の心の負担を減らすことができればと願っています。

遅延状況を調べるときは、フライトの便名か、航空会社とフライトルートから検索し、詳細な検索結果を確認してください。ということですので、皆様もぜひ、Googleフライトの最新版を試してみてください。


Image: TheeErin

Source: Googleフライト

Kristin Wong - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next