特集
カテゴリー
タグ
メディア

コメントしてはいけない? Facebookで不快な投稿を何度も表示させないコツは、無視すること

コメントしてはいけない? Facebookで不快な投稿を何度も表示させないコツは、無視すること
Image: Julia Tim/Shutterstock.com

Facebookは、今年もまたニュースフィードを改正して「ユーザーがFacebookに使う時間を有意義なものにすること」と「家族や友人からの投稿を中心にすること」を約束しましたが、メディアサイトBuzzFeedに最近掲載された記事によれば、Facebookは相変わらず迷惑な状態のままのようです。

Facebookが唯一変わった点は、投稿の人気度を測ることにしたこと。その方法とは、投稿についたコメントの数を尺度にすることです。

Katie Notopoulosさんは、6分間の平凡な動画を友人たちのニュースフィードのトップに12日間連続で出てくるようにした方法を書いて投稿しています。これは実に面白くて洞察に富んだ投稿です。その動画は何ら特別なものではなく、1人の女性が変哲もないブルックリンの自宅アパートを紹介しているだけですが、すぐにその動画にいくつもコメントがつき、それがFacebookのアルゴリズムのトップにその動画をのし上げることになりました。

最初のコメントの波は、「私はこの女性のアパートが嫌いだ」といった動画をさげすむものが主でしたが、すぐに方向が変わりました。その動画がニュースフィードのトップになってから数日後についたコメントの例をいくつか挙げてみます:

  • なぜこのビデオがFacebookのトップに出てくるの?
  • お願いだから、このビデオを削除して。
  • どうしたら、これを私のフィードから排除できるのだろう?
  • このビデオを抹殺してやる(もう5日間連続で出てきている)
  • 家族の顔を見るより頻繁にこの投稿が目に付く。

言うまでもなく、こうしたコメントは動画をさらに拡散しただけでした。結果として、ほぼ2週間にわたり、人々はFacebookにログオンするたびに、この動画を最初に目にすることになりました。

ここで得られる教訓は明白です。もしFacebookで不快な投稿を目にしても、それにコメントを残さないことです。でないとまたその投稿を見てしまうかもしれません。そんなときは、とにかく無視するに限ります(その投稿が見えないようにしたり、シェアしてきた人のフォローを解除してもいいでしょう)。そうすれば、少なくともFacebookがまたアルゴリズムを変えるまでは、ニュースフィードを少しだけ快適なものにできるかもしれません。


Image: Julia Tim/Shutterstock.com

Source: Gizmodo, BuzzFeed

Jacob Kleinman - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next