連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

海外出張者は注意を。デルタ航空利用時はスマートスーツケースのバッテリーを取り外すこと

海外出張者は注意を。デルタ航空利用時はスマートスーツケースのバッテリーを取り外すこと
Image: Halfpoint/Shutterstock.com

スマホなどを充電できるバッテリー内蔵のスマートスーツケースは便利ですが、デルタ航空に搭乗するときは、搭乗前にバッテリーを取り外す必要があります

最近数カ月のうちに、各航空会社はバッテリーを内蔵したスマートラゲッジを規制するようになりました。国際航空運送協会(IATA)は昨年、貨物倉内にスマートラゲッジを入れるのは安全でないとして規制を発布し、今年1月には複数の航空会社がバッテリーを接続したままの状態のスマートスーツケースを機内に入れることを禁止しはじめました。各航空会社の具体的な状況は次の通りです。

  • アメリカン航空
  • デルタ航空
  • 南西航空
  • ユナイテッド航空
  • ジェット・ブルー航空
  • エア・カナダ
  • LATAM
  • 英国航空
  • ルフトハンザ
  • エール・フランス
  • KLM
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • カンタス航空
  • バージンオーストラリア航空
  • ジェットスター
  • キャセイ・パシフィック
  • 中国南方航空
  • 香港航空

もともと、スマートラゲッジは機内持ち込み手荷物としては問題ありませんでしたが、機内の貨物倉に預けるときは、バッテリーを取り外す必要がありました。搭乗ゲートで荷物を預ける場合も同様でした。

今や、デルタ航空だと、スマートスーツケースを預けるときは事前にバッテリーを取り外さなければなりませんが、搭乗時に手荷物としてバッテリーを機内に持ち込むときも、スマートスーツケースのバッテリーケースに接続した状態ではいけません(バッテリーを外してスーツケースの中に入れておくことは構いません)。

バッテリーを取り外すと、当たり前ですが、バッテリーを使うあらゆる機能が全く使えなくなるので、この場合、現実的には別のスーツケースを使用したほうがいいでしょう。

これに追い打ちをかけるかのように、バッテリー内蔵のスマートラゲージの販売では最大手のAway社は、バッテリーの取り外しは、空港での手間を避けるために、自宅にいるうちにしておくよう提案しています。本日Away社が顧客に向けて送信したメールの抜粋は次の通りです。

20180226suitcase2
Image: Away

今後2、3カ月の間は、自宅で旅行用の荷物を詰める前にバッテリーを取り外してください。そのほうが便利です(空港でバッテリーを取り外そうとするとスーツケースの中身を出さなければならなくなります)。取り外したバッテリーは旅先に持参して充電に使用することができます。

というわけで、せっかくのスマートスーツケースも普通のスーツケースと同じように使うしかありません。あるいは、最初から普通のスーツケースを使えば、搭乗ゲートで変に調べられることもありません。

Away社のスーツケースのユーザーに向けて、同社CEOがバッテリーの取り外し方を次のように示していますが、これは、どうもぴんときません。

Video: Away/YouTube

こちらはBluesmart社製のスマートスーツケースのバッテリーの取り外し方です。いずれにしろとても複雑なので、自宅で行なうことをおすすめします。

これは言っても仕方がないことかもしれませんが、私は数年前からBluesmart社のスーツケースを持ち歩いていましたが、この規制ができる前から特に小都市ではTSAとのごたごたが多少なりともありました。この新しい規制により、混乱はおそらく今後爆発的に悪化するでしょう。

とにかく「面倒なこと」は避けたいタチの私は、新しい規制ができたせいで1月から飛行機に乗るときは、Bluesmart社のスーツケースを使わないことにしました。Bluesmart社は、規制当局や航空会社に対してこの問題に関して働きかけているそうなので、近いうちに解決されることを願っています。

2018年2月15日更新:この記事が公開された後に、Away社は規制当局や航空会社と協力して解決策を検討していないことを明らかにしました。具体的には、「航空会社の新しい方針は我が社が販売する製品に影響を与えないため、特に問題は無く、我が社は航空会社と解決策を模索することはしていません。今後は、各航空会社を通してゲート係員とのコミュニケーションを常に取りながら各社の方針に関するトレーニングを共にしていきたいと思いますが、航空会社の方針自体には、我が社の製品に影響を及ぼさないので、一切触れません。」という声明を出しています。

「問題はない」というコメントに私は同意しませんが、Away社はこの先2、3カ月のうちに、もっと簡単にバッテリーを取り外せるデザインのスマートスーツケースを考案して、今あるものと無料で交換するサービスを提供しようとしているようです。

そのうちに、他の航空会社もデルタ航空に続いて、接続されたバッテリーの機内持ち込みを禁止するようになるかもしれません。


Image: Halfpoint/Shutterstock.com

Source: Away, YouTube, Bluesmart

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next