特集
カテゴリー
タグ
メディア

人々の好き嫌いや主観的な意見をグラフにまとめたサイト「The Pudding」

人々の好き嫌いや主観的な意見をグラフにまとめたサイト「The Pudding」
Image via The Pudding

私はいつも、どのバンドがつまらないと思われているかとか、どの街の雰囲気が悪いとか、年配の人だけが好む本のような、ウィキペディアから省かれた主観的な内容をまとめた“オピニオンペディア”的なものができればいいのにと思っていました。

その人の好き嫌いを元にマッチングする出会い系アプリ『Hater』のブログには、クリントンとトランプの支持者の意見のチャートや、もっとも人気がある/人気がない男性の意見などが充実しています。

「Hater」と提携しているデータジャーナリズムサイト「The Pudding」の新しいデータは、いくつもの話題に関する意見を年齢別に分類しています。ユーザー(回答者)は全員独身で、選択肢はHaterの写真やイラストによる影響を受けている可能性もあり、この方法は厳密には科学的ではありませんが、その結果は年齢によって人の見方や意見がどのように違うのかという興味深い内容を示しています。

中でも、より興味深い結果だったものをいくつか選んでみました。バックストリート・ボーイズは、いわゆるファン層よりも若い人たちに人気があり、年長者にはそこまでではありません。若者にとってヒマな時間は無駄なようです。シェアハウスやルームメイトと一緒に住んでいるのは、テレビ番組の設定のように思われますが、実際にやってみると、ほとんどの人はすぐにがっかりします。

以下のリンク先の記事には、このようなグラフがもっとあります。普遍的な好き嫌いから物議をかもすような幅広い話題まで、インタラクティブな興味深いグラフです。もっと見たという人はチェックしてみてください。


Image: The Pudding

Source: The Pudding

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next