lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

フリーアドレス化する社会にチューニングした高性能オフィスチェア

  • カテゴリー:
  • TOOL
フリーアドレス化する社会にチューニングした高性能オフィスチェア
Image: Steelcase

社員に決まった席を設けないことで、スペースコストを抑えるだけでなく、コミュニケーションパフォーマンスを上げ、自由な働き方を促す「フリーアドレス」を取り入れる企業が増えています。

そんなフリーアドレスにフォーカスし、働く現代人のために設計されたオフィスチェアが、米ミシガン州に本社を置く世界最大のオフィス家具メーカー・スチールケース社から発表となりました。その名は「SILQ™(シルク)」 。2018 年春に北米とアジア、2018 年秋にはヨーロッパ・中東・アフリカで発売、価格帯は970 米ドルからを予定しています。

フリーアドレス時代に求められるのは?

Movie: Steelcase

オフィスのあらゆるスペースを移動しながら働くような、昨今のオフィス環境。一日ずっとデスクワークをしているなんて人のほうが少ないのではないでしょうか? そのような状況の中、操作を最少に、ユーザーの動きに直感的に反応して動くチェアが求められていました。

image002
Image: Steelcase

SILQ」には、スチールケースのデザイナーとエンジニアによる材料科学分野でのイノベーションによって大量生産が可能になった高性能ポリマー素材が使用されており、造形・機能・素材を一体として捉えることで、材料科学の限界を打ち破り、素材そのものが製品として成り立つ仕組みを作り上げることに成功。有機的なカーブ形状を実現するとともに、複雑な操作なしに人体の自然な動きに対応します。

ユー ザー独自の姿勢や体格にも対応し、ユーザーが操作するのは座面の高さ調節のみです。 このシンプルさへのこだわりによって、全てのユーザーを的確にサポートし、働くあらゆるシーンで活躍するチェアを実現しています。

デザインに対する信念

movie: Steelcase

スチールケース社グローバルデザインチーム担当副社長であるJames Ludwig氏はこのように話します。

「SILQ」誕生の背景には、我々のデザインに対する深い信念がありました。真にユニークなものを創造するには、視覚言語、機能、素材を 一体として捉えるべきだという考えです。

我々は航空宇宙、義足の高性能な動き、彫刻などから着想を得て、先端素材と 形状の組み合わせが薄くて強靭かつ反応性が高いシンプルなシステムをどう創り出しているかを徹底的に研究しました。

17-0097397-2
Image: Steelcase

デザインにも並ならぬこだわりを持っています。デジタル印刷を含めて、様々なテキスタイルや仕上がりを提供。素材には、炭素繊維と新たな高性能ポリマー素材の両方を用意しています。組み合わせは無限大で、それぞれの好みに合わせて仕上げることが可能なので、オフィスデザイン演出のレンジを広げてくれます。

フリーアドレス時代のビジネスパーソンの拠り所となるのは、機能的なオフィスチェアなのかもしれません。

Image: Steelcase

Source: SILQ, Steelcase

(文・ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next