特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

とにかく目立つ静電気除去シートを触って、みんなで放電しよう【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
とにかく目立つ静電気除去シートを触って、みんなで放電しよう【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

いきなり「バチッ!」とくる静電気。乾燥しがちな冬は特に悩まされます。

静電気は、物質が擦れ合うと電子が移動することで発生します(実際のメカニズムはもっと複雑ですが…)。そのため、重ね着をすると体を動かすたびに静電気が発生し、体に溜まってしまいます。さらに、空気中に水分が少ない冬は、静電気は放電されずに溜まる一方。「バチッ!」となるのは、体に溜まった静電気が放電される瞬間。痛みを感じるのが厄介です。

空気中に放電できるシート型アース

そこで、シート型アース『スパークノンXマン』を使って、みんなで静電気を放電しましょう。ガソリンスタンドで見かけるアイテムとしても、おなじみかもしれません。

180125_sparknonxman_02
Photo: 藤加祐子

『スパークノンXマン』は印字部分が酸化ミクロチタンです。本体は特殊加工シリコンラバーで、衣服などに溜まった静電気を常に空気中に放電する仕組み。

メーカーでは静電気の減少について、実験結果をパッケージに表示しています。それによると、シートと布の摩擦から発生した静電気は、摩擦停止後1分ほどで半減したとのことです。

シートは平らな場所であれば自粘着で貼り付きます。付属の両面テープを使う場合は、顔マーク(><)が見えるように貼り付けてください。シートを貼る場所にアース構造があれば、より効果的に放電できます。

オフィスの一角に「放電エリア」を設けるのも良いかもしれません。

180125_sparknonxman_03
Photo: 藤加祐子

家庭の中であれば、電化製品に貼り付けておくのも良いでしょう。

蓄光タイプもあるので、暗がりでも使える

『スパークノンXマン』は全部で9種類蓄光タイプもあるので、暗がりのドアノブ付近にも便利です。

静電気除去グッズは、ブレスレットやキーホルダーなど個人で持つものが多い印象です。しかし、他の人も同様に放電していなければ、効果は感じにくいもの。目立つシートをとにかく触る! を実践し、オフィスや家庭での「バチッ!」をみんなで緩和しましょう。


Photo: 藤加祐子

Source: エム・ケイプ・ジャパン

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next