lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

撫でるだけ~鍋に浮いたアクはブラシでさらっと取り除こう【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
撫でるだけ~鍋に浮いたアクはブラシでさらっと取り除こう【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

煮込み料理が多くなる季節ですね。シチューやカレーなどを作るときに気になるのが、肉を煮ると出る灰汁(アク)。アク取りにはお玉を使う人も多いかと思いますが、旨味の出たスープや油まで取ってしまうことになります。

ポアソンキッチン あくとりブラシ』なら、鍋の中をさらっと撫でるだけで、アクだけを取り除けます。

180118_removingbrush_002
Photo: 藤加祐子

『あくとりブラシ』の素材は馬毛100%。使用前にはブラシ部分を熱湯で洗浄します。筆者の場合、やかんで沸かしたお湯をブラシ部分に流しかけておきました。

この日のメニューはハッシュドビーフです。調理の手強い相手となるのは、赤身の牛肉から出るアク。

材料が煮立った状態で『あくとりブラシ』をそっと鍋の中へ。水面より少し下、ブラシを食材に少し浸すような感覚で入れます。水面上のふわふわしたアクは、ブラシで食材を撫でるようにして吸わせると良いでしょう。

180118_removingbrush_003
Photo: 藤加祐子

一度でアクがすべて取り除けない場合には、ボウルに水を張り、ブラシをすすぎながら使います。

180118_removingbrush_004
Photo: 藤加祐子

使用後には再び熱湯をかけて洗い、水気をよく切り、吊るして乾燥させておきます。なお、漂白剤の使用は避けてください。

『あくとりブラシ』を販売している株式会社マーナの前身は、明治時代に「刷毛」の製造販売からスタートしています。馬毛をアク取りに使うのは、老舗ならではのアイデアといえるでしょう。


Photo: 藤加祐子

Source: マーナ

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next