lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

アメリカ入国手続きの簡素化。グローバルエントリーのメンバーになる方法

アメリカ入国手続きの簡素化。グローバルエントリーのメンバーになる方法
Image: Nike Pylypenko/Flickr

グローバルエントリー(Global Entry)は、アメリカCBP(税関・国境警備局)のTRUSTED TRAVELER制度のプログラムの一つとして運用されている制度で、時間がかかるアメリカ入国手続きの高速化のために作られました。

このグローバルエントリーのメンバーになることは、多くの旅行者の夢となっていますが、みなさんの住んでいる町の需要によっては、申請に時間がかかることがあります。そんな時、より早くメンバー登録するのにおすすめなのが海外旅行の際の入国登録です。

グローバルエントリーにサインアップすると、オンラインで申込書を記入し(うまくいけば)事前に承認されます。しかし、その後に申請プロセスを完了するための「面談」を予約しなければなりません。この「面接」は通常、空港でおこなわれるので、最寄りの空港まで車などで行かなければなりません。それが、海外旅行後の入国時に登録するようにすれば、入国時のインタビューが「面接」とみなされるので、わざわざ空港に出向いて面接をすることなく、メンバー登録できます。

私がグローバルエントリーのアプリケーションを提出してから約4カ月間後、アメリカ合衆国税関・国境警備局から私宛に下記のような内容のEメールがきました。

条件付きで承認されたグローバルエントリーの応募者は、アメリカ合衆国税関・国境警備局による入国の最終審査または事前審査をクリアすることで、グローバルエントリーのプロセスの最後のステップである「面接」を完了することができます。このオプションは、下記の空港で受けられます。

オースティン - ベルグストロム国際空港(AUS)

ダラスフォートワース国際空港(DFW)

デンバー国際空港(DEN)

デトロイトメトロポリタン国際空港(DTW)

ヒューストンのジョージブッシュインターコンチネンタル空港(IAH)

ミネアポリスセントポール国際空港(MSP)

ノーマンY.ミネッタサンノゼ国際空港(SJC)

フィラデルフィア国際空港(PHL)

フェニックススカイハーバー国際空港(PHX)

ソルトレイクシティ国際空港(SLC)

サンディエゴ国際空港(SAN)

サンフランシスコ国際空港(SFO)

シアトルタコマ国際空港(SEA)

トロントピアソン国際空港(YYZ)

バンクーバー国際空港(YVR)

ウィリアム・P・ホビー空港(HOU)

CBPのウェブサイトによると、これらの空港では「CBPのメンバーになることができる方はこちらへ、と指示する案内に従って進むだけで手続きを完了できる」とのことです。

日本国籍保有者は現在申請できませんが、いずれ対象になるかもしれません。アジアでいえば、SESに登録している韓国人はこのプログラムへの申請が可能です。ヨーロッパでは、イギリスやドイツが対象になっています。


Image: Nike Pylypenko/Flickr

Source: U.S. Customs and Border Protection

Michelle Woo - Lifehacker US[原文

(訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next