特集
カテゴリー
タグ
メディア

コスパ is 正義! Amazonランキング大賞2017「オーディオ部門」をまるっと振り返る

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • TOOL
コスパ is 正義! Amazonランキング大賞2017「オーディオ部門」をまるっと振り返る
Image: Amazon

ギズモード・ジャパンより転載

定番揃い踏み!

2017年は左右独立イヤホンがドカドカ出てきましたが、一方でお手頃なワイヤレスイヤホンのクオリティも右肩上がりが止まりません。今年はどんなイヤホンやスピーカーが売れたのか、Amazonランキング大賞2017のうち、オーディオ部門を振り返ってみるとしましょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更や売切れの可能性もありますので、販売ページでご確認ください。

1位…SoundPEATS Q12 Bluetooth ブラック

コスパ最強ワイヤレスイヤホンと謳われるQ12が、堂々の一位! モノとしての良さに加えて、とりあえずのお試し感覚で手が出せる価格ですからね。コスパは正義。

2位…Anker SoundCore

サウンド、デザイン、価格ともに優秀なポータブルスピーカー。お店のBGMとして使っているところもちらほら見かけました。

3位…SoundPEATS Q12 Bluetooth レッド

Q12の色違いもトップ3にランクイン。もはやこれはダブル受賞では?

4位…TaoTronics Bluetooth TT-BH07

よくQ12と比較されているイヤホンで、音質は違えど価格は同ラインです。バッテリー残量を報せるアナウンスがこっちの方が耳に優しいとか。

5位…JPRiDE JPA1 MK-II

なんと、4種類11ペアものイヤーピースが付いてきます。お得感もすごいし、イヤーピースによる聞こえ方の違いをリーズナブルに味わえるのも魅力。

6位…Anker SoundBuds Slim

Q12やTT-BH07ラインのワイヤレスイヤホンで、上位陣とは違いノイズキャンセリング非搭載となっています。

7位…SoundPEATS B10

有線でのトップ10最上位はコレ。各所で高い評価を得ており、とりあえずレベルかと思っていたら良い意味で裏切られるタイプのやつです。

8位…Anker SoundCore Sport

タフに使えて3000円を切る、Ankerのアウトドアスピーカー。お風呂でもガンガン使えちゃいますよ。

9位…Mpow Enchanter MP-BH053AB

2000円を切るコスパは優秀。ですがAACやaptXにも非対応なので、そろそろ時代に取り残されてきた感は出てきたかも。

10位…パナソニック RP-HJE150-W

B10に次ぐトップ10入りの有線タイプ、そのコスパは1000円でお釣りが来るほど! 2008年生まれのロートルイヤホンですが、まだまだ現役ですじゃ。

>>「Amazon ランキング大賞 2017 オーディオ部門総合」のページへ

Image: Amazon

Source: Amazon

(ヤマダユウス型)

swiper-button-prev
swiper-button-next