特集
カテゴリー
タグ
メディア

今年の大掃除はPCまわりも! 1年の手垢や皮脂汚れをキレイにしましょう

GIZMODO

今年の大掃除はPCまわりも! 1年の手垢や皮脂汚れをキレイにしましょう
Photo: 小暮ひさのり

ギズモード・ジャパンより転載:去年は「特に汚れがひどいガジェットまわりの3カ所」として、キーボードやPC・ゲーム機のファンのホコリ、電源タップ回りのお掃除を推奨しましたけど、今年はすっかりお掃除記事の事を忘れていて、すでにキレイサッパリお掃除してしまった後でした。てへ♪

というわけで、何か! 何か汚れているものはないのか?と探してみたところ、意外とすぐ近く。いつも使っているものたちが汚れていることに気が付きました。

171221utak00
Photo: 小暮ひさのり

のっけからグロ画像ですみません。僕のMagicKeyboardです。

頻繁に掃除はしているのですけど、1日何万文字も入力するため、すぐに皮脂汚れや手垢などが付着しちゃうんですよね。そこでこいつをいっちょキレイにしてみようではありませんか。

PCの回りの頑固な汚れに中性洗剤を薄めてトライ

PC回りの拭き掃除は実はかなり神経を使います。

皮脂や手垢の汚れは基本的に中性脂肪と脂肪酸です。酸性の汚れに対してはアルカリ性洗剤が効果的。身近なところですと重曹やセスキ炭酸ソーダ、アルカリ性電解水といったクリーナーが有効です。しかし、アルカリ剤はアルミニウムを腐食させるという特性があるため、最近のPC・ラップトップ回りのお掃除には利用しないほうが無難です。

171221uk0b
Photo: 小暮ひさのり

安全性を求めるなら、PC回りの汚れ落としには乾拭き・水拭きがベストですけど、皮脂や手垢はなかなかに頑固。そこで今回は家庭用の中性洗剤をチョイスしました。「インスタ映えする」という謎の評価を受けているウタマロクリーナーです。

171221utak02
Photo: 小暮ひさのり

洗面器に半分ほど水を貼って、ウタマロクリーナーを1〜2回ほど吹きかけ、薄めのウタマロ水溶液を作成します。汚れを分解する力は強くありませんが、界面活性剤によって汚れを引き剥がす力が期待できます。これに雑巾をくぐらせて絞ります。

171221utak03
Photo: 小暮ひさのり

キーボードカバーを外してごしごし。表面のコーティングが剥がれてツルツルになっているところはもうどうにもなりませんけど、茶色い手垢はこすっていくうちに取り除けていきますね。最後に軽く水拭きで仕上げます

171221utak04
Photo: 小暮ひさのり

仕上がりがこちら。最初の写真と見比べて貰えれば、いかにキレイになったかが伝わるかと思います。なお、これはあくまでもキーボードカバーのお掃除です。キーボード自体にクリーナーを吹きかけるのはNGなのでご注意くださいね。雑巾は必ず水が滴らないようにギュッと絞りましょう。

椅子もPC周辺機器。ホコリを払ってから洗剤拭きでお掃除しましょう

171221utak05
Photo: 小暮ひさのり

思い出しました、椅子の掃除も途中でした。

御存知のとおり、椅子はPC周辺機器でもっとも汚れが付着しやすいパーツです。こうしたPCチェアーは座面の下や背面の骨格部にホコリや皮脂などが溜まりやすく、お掃除の手を抜いていると真っ白になっていたりします。

椅子のお掃除はまずはホコリを払うところからスタートです。こうして柔らかいハンディモップ、先端にブラシが付いた掃除機などで、かき出せたり、吸い出せるゴミは一通り吸い出してしまいましょう。いきなり水拭きをしてしまうと、ホコリが塊になってスキマに詰まってしまったり、汚れが広がってしまいます。このフローは絶対に必要です

171221utak06
Photo: 小暮ひさのり

まずは座面から。先程と同じく、中性洗剤を薄めた水溶液を絞った雑巾を使って縦横と動かして汚れを除去します。その後軽く水拭きすればOK。こういったメッシュ系の座面の場合は水分を吸い込みづらいので楽ですね。一方で、布生地の座面は水分で濡れたら、必ず最後に乾拭きし、過剰な水分を除去しましょう。

171221utak07
Photo: 小暮ひさのり

背もたれ部や構造体は雑巾でくるむように。手が届きにくい所にホコリが溜まりやすいので念入りに〜。

デスクは手垢がひどかったらクリーナーを直接!

171221utak08_th
Photo: 小暮ひさのり

デスク自体の汚れはよっぽどひどいものではなければ、ここまでの手順で利用した中性洗剤を薄めた水溶液を絞った雑巾で除去できると思います。もしダメなら、水が浸透しない素材であれば、直接クリーナーをスプレーしちゃってもOKですよ。ただし周囲に水に濡れたらまずいものは置かないようにしましょうね。

さて、今回はPC環境回りのお掃除でしたけど、家全体で見ると掃除を安全かつ効率的に済ませるために、僕が気をつけている点は主に3つです。

1.汚れの程度を確認する

2.掃除の順番を(払う・吸い取る・拭く)を決める。拭き掃除は最後!

3.素材を傷めないクリーナーを選ぶ

3番のクリーナー選びってなかなかに難しいところですけど、基本的に汎用的な中性洗剤を試してダメなら専用洗剤を選ぶというスタイルでいいかと思います。場所やパーツごとに「◯◯専用」洗剤揃えまくってたら、家中が洗剤で溢れかえっちゃいますしね。

効率化できる(手が抜ける)ところはどんどん効率化して(手を抜いて)いきましょう。


Photo: 小暮ひさのり

小暮ひさのり

swiper-button-prev
swiper-button-next