特集
カテゴリー
タグ
メディア

子連れ出勤大歓迎。授乳服ブランド社長が提案する、洋服1枚から始まるママたちの新しい働き方

MugendaiMugendai

子連れ出勤大歓迎。授乳服ブランド社長が提案する、洋服1枚から始まるママたちの新しい働き方
Image: Mugendai(無限大)

現在、特に都心部では保育園の不足が深刻な社会問題となっています。日本は極度の少子化にも関わらず、赤ちゃんを育てながら働く環境がない。そんな社会のジレンマと戦う一人の女性社長の姿が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に紹介されていました。

子育てがしにくい日本社会。自らの経験がきっかけで授乳服ブランドを立ち上げる

登場するのは、授乳服の製造販売を行う有限会社モーハウス社長の光畑由佳さん。「キャリアか、出産か」「子どもを預けるか、退職か」といった現代女性を悩ます問題の解決策として、「授乳服を着て子連れ出勤」という働き方を自社で実践し、成果を上げています。

これは、現在盛んに話題となっている「働き方改革」のひとつの形として注目され、企業や行政からの視察が絶えないそうです。

171219_mugendai_2
Image: Mugendai(無限大)

元々、光畑さんが授乳服ビジネスを立ち上げたのは、ご自身の経験から。まだ赤ちゃんだった娘さんが電車内でぐずりだしたため、パニックになった光畑さんは車内で授乳を行いました。すると、胸元は隠しながらしていたものの、周囲からの戸惑ったような、あるいは興味本位の視線を浴びてしまったのだそう。

光畑さんはこの経験から、「母乳保育を始めとした子育ては社会全体であれほど奨励しているのに、母子で外出することすらままならない社会はおかしい」と感じたのだそうです。

ママは輝き、社員や事業は成長。いいことずくめの子連れ出勤

「自分に何ができないか」と考え続けた結果、授乳服ビジネスを開始した光畑さん。同時に、子育て中の社員が自然に仕事を続けられるよう「子連れ出勤」を実施してみたところ、母子はもちろん、職場の同僚、そして会社の業績まで上昇し、みんながハッピーになったそうなんです。

この点について、光畑さんは以下のように語っています。

子連れ出勤ができれば、保育士不足も改善できるし、お母さんたちは保育料を払う必要もない。その上、お迎え時間を気にせずに、かわいい時期のわが子を仕事を続けながら自分の手で育てることができます。

他の社員に対しても職場に赤ちゃんがいることで、近くで子どもの成長を見たり、あやしたりすることを通して「子どもはかわいい」「自分も子どもを育ててみたい」と思うようになるなど、好影響になったそうです。

171219_mugendai_3
Image: Mugendai(無限大)

他でもない自らの経験から、子どもを持つ女性が抱える問題を感じ、その答えを示した光畑さん。今後の日本社会、並びに労働環境改善については、以下のようにおっしゃっています。

よほど条件のいい会社でない限り、かつてのモーレツ社員のように24時間働く社員を雇用することは、今後できません。少子高齢社会では介護や育児、あるいは事故や病気療養など、さまざまな事情を抱えた社員が増えていきます

そういうことを考えれば、出産後の女性社員は非常に重要な人財であり、末永く働いてもらうことは、個人にとっても企業にとっても、そして日本全体にとっても大きなメリットがあります。

171219_mugendai_4
Image: Mugendai(無限大)

他にも、「産むことが楽しみと思えるような環境を」、「妊娠・出産と引き換えに、失ったり我慢したりするものは何もない」など、日本人の「働き方」に何かしら疑問を持つ人なら、性別や子どもの有無などに関係なく参考になるロングインタビューとなっています。Mugendai(無限大)より続きをお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next