特集
カテゴリー
タグ
メディア

マネー特集─今さら聞けない、お金の疑問

メタボ家計から脱出! 「1日500円の家計再生法」とは?

メタボ家計から脱出! 「1日500円の家計再生法」とは?
Image: smilingfresh/Shutterstock

こんにちは。家計再生コンサルタントの横山光昭です。

ぜいたくもせず、“ごく普通”の生活をしているつもりなのに、なぜか貯金ができない。私が受ける相談の半分以上がこの悩みです。これは、自分では普通だと思っているお金の使い方に、実は落とし穴があり、知らないうちにムダな出費がぜい肉となった「メタボ家計」が原因です。

メタボ家計から脱出して、貯金家計になるには、毎日何気なく使っている「500円(ワンコイン)」がカギ。500円の使い方を見直すだけで、あなたも貯金ができるようになりますよ。

横山光昭(よこやま・みつあき)

kakei_yokoyama_prof

マイエフピー代表取締役、家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。お金の使い方そのものを改善する独自のプログラムで、これまで1万人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌の執筆や講演も多く手掛け、「はじめての人のための3000円投資生活」は40万部を超え、著書累計は205万部。公式サイト

もしかして、あなたもメタボ家計?

借金もない、ぜいたくもしていない、貧乏というわけでもない。まわりを見ても、みんな同じようにお金を使っている。「ごく普通」の生活をしている私だけど、なぜか貯金ができていない...。

しかし、そうした家計を見ていくと、皆さん同じ落とし穴にハマっているのがわかります。

食費、日用品費、通信費、光熱費など、どの費目にもぜい肉がついているのです。私はこの状態を「メタボ家計」と呼んでいますが、ご飯をちょっと多めに盛ったり、テレビを見ながらお菓子をつまんだりするうちに、お腹に少しずつ脂肪が溜まるように、「これくらい、まあいいか」と使っている「気づかないムダ遣い習慣」が、メタボ家計を太らせてしまっているのです。

そこで、メタボ家計の3つの特長を挙げてみましょう。

  • 何にいくら使っているのかを知らず、「気づかないムダ遣い」が多い。
  • これくらい、まあいいかと、「ワンコインのムダ遣い」が多い。
  • これくらいかかるのは普通でしょと、「ムダ遣いの開き直り」が多い。

そして、日常生活で知らないうちやっている「ムダ買い習慣」が多くみられます。

  • プチプラ好きで、100円ショップや特売セールで「もう1品余計買い
  • 自動販売機やコンビニで、飲み物などを「これくらいまあいいや買い
  • ネットショップで送料無料にするために「必要のないものをプラス買い
  • 特売になっているからと、「すぐに使わないのにストック買い

では、こんなムダ遣い・ムダ買いの習慣に心当たりがある人はどうすればよいのでしょうか。

「1日500円」でメタボ家計から抜け出せる

メタボ家計のムダ遣い習慣は、ワンコイン以内の出費がほとんどです。この出費のムダに気づくか気づかないかで、来年も隠れ貧乏のまま過ごすか、手軽に貯金ができるようになるか、道が大きく分かれます。

たとえば、毎朝コーヒーショップでラテを買い、午後も缶コーヒーを買って飲む人は、1日500円の出費をしています。週5日で2500円、1か月で1万円以上の出費となります。一方、自宅からコーヒーをポットに入れて持参すると、1日500円浮きます。これを貯めると1か月で約1万円、1年で約12万円、5年で約60万円。10年後には約120万円と100万円の大台を突破できるのです。

このように「まあいいか」と使っていた500円を、ムダ遣いにするか、有意義な貯金にするかが、来年以降の貯金額を大きく左右することを知って欲しいのです。

家計改善は「1週間」でできる

メタボ家計のムダ遣い習慣は、自分でそのことに気づき、直そうと意識することで、貯金習慣へと変えていくことができます。ただ、自分の生活のどこにムダ遣いの習慣があるのかは、意外にわからないものです。長年染みついた習慣でもあり、意識を変えることはたとえ500円でも難しいものです。

そこで、気づかなかったムダを探し、メタボ家計を貯金体質に変える、家計の習慣をご紹介しましょう。

1. レシートは捨てずに、1週間ごとに何にいくら使ったのかを再確認する

レシートはお金のライフログ。1週間分をテーブルに広げ、ひとつひとつじっくり眺めてみてください。「まあいいか」と使っていたムダが、きっと見つかります。

2. 食費を1週間1万円でやりくりする

1週間で使えるお金のリミットを決め、その中でやりくりする方法です。サイフには1万円だけ入れ、その範囲内で収まるように買い物をしてみてください。最初はプレッシャーがありますが、知らないうちに必要なものだけを買う習慣が身につきます。

どちらも1週間単位なら飽きずにできるし、面倒な家計簿も必要ありません。見つけたムダがそのまま貯金になるのですから、大きな達成感が得られます。今日からさっそくはじめてムダをなくし、来年こそ、夢の貯金生活がスタートできることを願っています。


Image: smilingfresh/Shutterstock

横山光昭

swiper-button-prev
swiper-button-next