特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhone XのFace IDは血縁者にアンロックされる危険性がある

  • カテゴリー:
  • NEWS
iPhone XのFace IDは血縁者にアンロックされる危険性がある
Image: Apple

今は誰でもスマホに写真やメール、銀行口座の情報といった個人情報を保存している時代です。Appleは「iPhone Xは新たな顔認証機能Face IDで個人情報をさらに安全に保存できる」と主張しています。しかし、これは家族間には当てはまらない可能性があります。

どうやらFace IDは血縁関係のある人間だと見分けるのが難しいようです。さらにAppleによれば、13歳未満の子どもは「顔が成長途中である」ため見分けられない可能性があるのだとか。

たとえば、10歳の少年がFace IDを使って母親のiPhone Xのロックを解除できたケースがあります。Face IDを使って兄弟間でお互いのスマホのロックを解除して、いたずらしあったという報告も複数寄せられています。この場合、兄弟の片方が子どもであっても両方が大人であっても関係ないようです。最近の例として、今年11月下旬にYouTubeで公開されたまったく顔が似ていない兄弟のビデオをご紹介しましょう。この2人はそろって成人です。

Video: varun luthra

公平に見ると、こうしたケースには他にも考慮すべき要因がいくつかあります。Face IDは使っているうちにどんどん認証能力が向上するので、長く使っているほど、家族からスマホのロックを解除される可能性は低くなります。

さらに、Appleは「13歳未満の子どもはiPhoneのセキュリティを守るためにFace IDを使用しないほうがいい」と明確に表明しています。ですから、子どもにはこの新機能が使えなくても意外ではありません。

というわけで、詮索好きな肉親や好奇心いっぱいの子どもがいる人がiPhone Xに保存している個人情報のプライバシーを守りたいなら、数字のパスコードを使い続けたほうがいいかもしれません。少なくとも家族の集まりがあるときは、数字のパスコードに切り替えるほうが無難でしょう。


Image: Apple

Source: Apple, YouTube(1, 2, 3, 4

Jacob Kleinman - Lifehacker US[原文

(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next