特集
カテゴリー
タグ
メディア

知らないと損かも。Google Chromeでデフォルトユーザーを設定する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
知らないと損かも。Google Chromeでデフォルトユーザーを設定する方法
Image: Christiaan Colen/Flickr

Google Chrome複数のアカウントを使い分けているユーザーなら、その便利さはすでにご存知でしょう。複数のアカウントがあれば、たとえばプライベートと仕事のメールを別々に管理することができます。とはいえ、両者の使用頻度があまりにも違う場合、毎日アカウントを切り替えるのはちょっと面倒ですよね。

以下にご紹介する設定を行ない、ショートカットをいくつか作るだけで、ブラウザを立ち上げるたびに、起動時にデフォルトで表示するアカウントを設定できます。こうすることにより、複数のアカウントを行き来するわずらわしさから解放されます。

Chromeで使っているアカウントが1つしかないという人の場合、それがデフォルトのアカウントになります。ご存知ない方のために、Chromeでアカウントを追加する方法を説明しておきましょう。設定はとても簡単です。

アカウントの追加方法

  1. Chromeウインドウの右上にあるメニューアイコンをクリックします。
  2. メニューから「設定」を選びます。
  3. 「他のユーザーを管理」を選びます。
  4. 新しく開いたウインドウの右下にある「ユーザーを追加」を選びます。
  5. ユーザー名を入力し、お好みのアイコンを選びます。
  6. オプション:子どものアカウントを追加する場合、「このユーザーを監視し、ユーザーがアクセスするウェブサイトを自分の Google アカウントから管理、表示できるようにする」チェックボックスをオンにし、あなた自身のGoogleアカウントから子どもが訪れたサイトを管理できるようにしておきましょう。

監視対象プロフィールを作成した場合、このプロフィールを使っているユーザーの閲覧履歴やブックマークなどの各種設定はデバイス間で同期されません。実際には、これは正式なGoogleアカウントではなく、保護監督者(親など)によって管理される、ウェブ閲覧用のアカウントなのです。

Windowsでデフォルトユーザーを切り替えるには

Windowsでは、選びたいプロフィールへのショートカットを作成することで、常に望みのアカウントにアクセスできます。上で説明した手順の「ユーザーを追加」のところで、「このユーザーのデスクトップショートカットを作成」というチェックボックスをオンにしましょう。

すると、デスクトップにショートカット(Chromeロゴにあなたが選んだプロフィールアイコンが添えられたデザインです)が作成され、これをクリックするだけで設定したプロフィールでChromeが立ち上がります。また、ショートカットはお好みの名前に変更可能です。

Macでデフォルトユーザーを切り替えるには

Chromeをいったん終了してから再び立ち上げると、前回終了した時に最後にログインしていたプロフィールが開きます。つまり、明日の朝改めてChromeを立ち上げた時に、まず仕事用のアカウントを見たい場合には、前日のうちにChromeを2つのウインドウで開けておく必要があります(1つはプライベートアカウント、もう1つは仕事用アカウントにログインしているウィンドウ)。

まずプライベートアカウントのウィンドウを閉じ、仕事用のアカウントのウィンドウが開いているのを確認してからChromeを終了します。こうしておけば、次にChromeを立ち上げた時には、仕事用のアカウントでログインした状態になっているはずです。


Image: Christiaan Colen/Flickr

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:長谷 睦/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next